無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


シェリル・サンドバーグだけじゃない。2022年にメタを去った重要幹部5人の顔ぶれ

メタ

2022年は多くの経営陣がメタを去った。2023年もまだまだ波乱が続きそうだ。

Drew Angerer/Getty Images; The Asahi Shimbun/Getty Images

メタ(Meta)は2022年に入って密かに組織再編を始めたことで、複数の幹部や著名なリーダーが同社を去った。

最も注目されたのはもちろん、数カ月前から2022年9月の退任が決まっていたシェリル・サンドバーグだ。マーク・ザッカーバーグは「メタバース」でさらなる没入型のインターネット世界を築くという野望を見せ、その一環として社名をフェイスブック(Facebook)からメタへと変更したが、このときサンドバーグは表舞台に姿を現さなかった。

サンドバーグの離職に先立ち、メタは経済の変化、金利上昇、そして10年にわたる強気市場の終焉に直面するようになった。ザッカーバーグのリーダーシップを長らく支持してきた投資家たちも、次第にメタバースとそれに関連するプロジェクトに傾倒しすぎること、それにかかるコストに対して大きな不満を抱くようになった。

メタでは経営陣の退陣とともに従業員1万1000人のレイオフが発表されたが、今後数週間のうちにさらに多くの人員削減が行われる可能性がある。

以降では、2022年にメタを去った主な幹部の顔ぶれを紹介する。

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み