ChatGPTの進化を陰で支える分散システム「Ray」。アンドリーセン・ホロウィッツも出資するAnyscaleの凄み

インターネット上で旋風を巻き起こしている新たなAIツールといえば、ChatGPTと呼ばれるチャットボットだ。ChatGPTはほとんどの場合、思いつく限りどんな質問に対しても非常に詳細で人間に近い応答を返す。

しかし、ChatGPTやプリズマ・ラボ(Prisma Labs)のLensa(レンザ)といった人気ツールが話題をさらう一方で、この新しいジェネレーティブAI革命の進化を陰で支える分散型フレームワークについては、それほど話題になっていない。

ユニコーン企業のエニースケール(Anyscale)は、アンドリーセン・ホロウィッツ(Andreessen Horowitz)の出資を受けたスタートアップ企業だ。同社が開発したフレームワーク「Ray(レイ)」こそ、OpenAIがChatGPTや同様モデルのトレーニング能力を増強する上での鍵だったのだ。

639a262c27c0a700193e266c

エニースケールの共同創業者である(左から)フィリップ・モリッツ、イオン・ストイカ、ロバート・ニシハラ。

Anyscale

RayはOpenAIの最新大規模言語モデルのすべてを支えているばかりか、同社待望の次世代モデル、通称GPT-4のフレームワークにもなりそうだ。まるで人間が作ったかのようなコンテンツを生成するGPT-4は、10億ドル規模のビジネスの新しい波を引き起こすかもしれないと業界関係者は考えている。

Rayはすでにこの分野で最高評価を得つつある。Rayが導入される以前、OpenAIはカスタムツールを寄せ集めて初期のモデルやプロダクトを開発していた。しかしその弱点が明らかになってきたためRayに切り替えたのだと、同社の代表取締役グレッグ・ブロックマン(Greg Brockman)は2022年のRayサミットで語っている。

AI業界で注目の新星と目されているのがウェイツ&バイアシズ(Weights & Biases)だ。企業が機械学習の実験を追跡するためのサービスを提供している同社のCEOルーカス・ビーワルド(Lukas Biewald)は、OpenAIをはじめ、同社の顧客の中でも最も先進的な思考を持つ企業に好まれるRayを有望視していると語る。

「個人のノートパソコンと巨大な分散型サーバー群のどちらでも同じコードを走らせることができるというアイデアは、非常に重要です。機械学習モデルが大規模になるにつれて、その重要性は増します。私は細部こそ注意すべきだと思いますが、彼らはうまくやってのけたようですね」(ビーワルド)

Rayに賭けた10億ドル

あわせて読みたい

Popular