無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


ソニーG・吉田社長が語る、7年前には「自動車を作るなんて思ってもみなかった」発言の期待と自信【単独インタビュー】

CES2023_sony_yoshida-CEO-3

CES2023のソニーブースにて記者発表でスピーチにのぞむソニーGの吉田憲一郎・会長兼社長。

撮影:Business Insider Japan

業績好調なソニーグループ(以下ソニーG)だが、その事業領域は今も変化中だ。

ホンダとの合弁事業であるソニー・ホンダモビリティは、先週、米ラスベガスで3年ぶりに本格開催されたテクノロジーショーCES 2023のカンファレンスの中で、新型EV「アフィーラ(AFEELA)」のプロトタイプを世界初公開し、大きな話題を呼んだ。

ソニーGの吉田憲一郎・会長兼社長はCES2023で単独インタビューに応じた。

吉田氏が語る「メタバース」や「モビリティ」がソニーに与えるインパクトと、今後の投資戦略を聞く。

ソニーにとってイメージセンサーは「クリエーション半導体」だ

DSC02848

CES2023のソニーブース。アフィーラの展示は常に人だかりができるほどの注目度だった。

撮影:西田宗千佳

「自分たちで自動車を作ることになるとは思ってもみませんでした」

7年前の2016年当時、自動運転開発企業のトップとミーティングをし、テスラをドライビングしたときの鮮烈な印象を振り返りながら、吉田氏は筆者にこう語った。

ソニーはグループとして「感動を広げる」ことをテーマに事業を進めている。

その中でも「重視している」と吉田社長が話すのが「メタバース(仮想空間)」と「モビリティ(移動空間)」だ。どちらも人の新しい活動空間を広げるもの、という共通点がある。

「メタバースとモビリティには共通領域が多い。それはイメージセンサーとゲームエンジンの重要性だ」と吉田社長は説明する。

熊本にあるソニーセミコンダクターのイメージセンサー工場には、2022年12月にアップルのティム・クックCEOも訪れた。

吉田社長は、クックCEOに対し「イメージセンサーはクリエーション半導体である」と説明した、と筆者に語った。

これは、CPUなどの「ロジック半導体」、電源用LSIなどの「パワー半導体」になぞらえて、産業のコアになるもう一つの半導体分野と考えるべきだ……という主張だ。

「メタバースやモビリティ(自動車)では、視線トラッキングや外部認識としてのイメージセンサーが重要。さらには、モーションキャプチャなどの技術にも使います」(吉田社長)

イメージセンサーは、単に「画像をクリエーションする半導体」というだけではなく、現実と仮想空間を広げ、ドライバーとモビリティをつなげる領域を「クリエーション」する半導体だという。

自動車に「ゲームエンジンが必須」な理由

sonyhona_afeela-18

撮影:Business Insider Japan

CES2023の大きな話題となったソニー・ホンダモビリティの「アフィーラ」の発表では、少し奇妙に思えるところもあった。

ゲームエンジンは、名前の通りゲームを開発するための基盤技術だ。ソニーGは最大手の一つであるEpic Gamesに資本参加しており、ソニーの会見にも、Epic GamesのCTOであるキム・リブレリ氏が登壇した。

Epic GamesのCTOキム・リブレリ氏

Epic GamesのCTO、キム・リブレリ氏がゲームエンジンの重要性をソニーの会見で解説した。

撮影:西田宗千佳

だが、リブレリ氏が登壇したのは、面白いことに、「ゲーム事業」であるPlayStationの話をしている時ではなく、自動車の話をしている時だった。

なぜ自動車とともにゲームエンジンの重要性をアピールしたのか、吉田社長は次のように話す。

「モビリティは、コンピューティングとネットワークの進化によって変わっていく。

ADAS(先進運転支援システム)同様、ユーザーインターフェイスでも、コンピューターの能力はフルに使う必要があります。だとすれば、そこでゲームエンジンを使うのは自然なこと」(吉田社長)

さらには次のような「エンターテイメントの変化」も指摘する。ソニーの経営トップが言及した、この視点は重要だ。

「過去10年は、映像配信や音楽のように、ネットワークからのストリームを楽しむものがメインでした。しかしこれから、エンターテインメントは急速にリアルタイムCGに変わっていくでしょう」(吉田社長)

リアルタイムなエンターテイメントには、ゲームエンジンでの開発支援が必須だ。ソニーがエンターテイメントに関わる企業であり、自動車すらも「エンターテイメントのための場所」とするなら、EVの発表でゲームエンジンの重要性を説くのは確かに必然と言える。

7年前には「自動車を作るなんて思ってもみなかった」

単独インタビューに応じたソニーG吉田社長

CES2023の現地で単独インタビューに応じたソニーGの吉田社長。

撮影:西田宗千佳

振り返れば、ソニーGが「自動車向けとして積極策に出る」ことをアピールし始めたのは、2014年のことだ。そして、2018年のCESでは、トヨタなど自動車関連8社との協力関係を構築したことが発表された。

自動車向けとしてはイメージセンサーに加え、2022年からレーザー光で周辺環境を立体的に捉えるLiDAR向け半導体にも取り組んだ。どちらも、ソニーが得意なエンタメ領域のノウハウが通用しない世界。特にLiDARは「すでに過当競争」との声もある領域だ。

「時間はかかったが、それでも色々な企業と話が進むようになってきた。イメージセンサーだけでなく、LiDARについても、早期にデンソーのサポートを得たことで、周囲の声が変わってきた」(吉田社長)

吉田社長は、自動車向けセンサービジネスが走り始めた初期に、次のようなことがあったと語る。

「2016年にセンサービジネスの関係で、モービルアイ ( Mobileye 。ADASや自動運転技術の開発企業。2017年よりインテル傘下)の社長、アムノン・ショシュア氏とミーティングしました。そして自分でテスラを運転してみて、『ああ、これは本当に(自動車が)ITになっていくのだな』と思ったんです」(吉田社長)

モービルアイは、2018年に「ソニーの自動車向け事業をサポートする企業」として名前が挙がった1社だ。

それから7年が経過し、ソニーはホンダとともにEVを作ることになる。

吉田社長は「もちろんその時には、自分たちで自動車を作ることになるとは思ってもみませんでしたが」と、冒頭の言葉で笑いつつも、「ソニー・ホンダには本当に期待している」とも言う。

「あの(アフィーラの)デザインを私なりに解釈すると、『車もソフトでデザインされ、スマホのようにシンプルになる』ということだと理解していますし、そうなる、と思います」(吉田社長)

あわせて読みたい

Popular