無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


ロシアがウクライナ上空で最新鋭戦闘機Su-57を使わない理由

ロシアの最新鋭戦闘機、Su-57。

ロシアの最新鋭戦闘機、Su-57。

REUTERS/Maxim Shemetov

  • ロシアが最新鋭戦闘機をウクライナに対して使用していると、イギリスの情報機関が発表した。
  • ただし、ロシア領内からウクライナに向けてミサイルを発射しているという。
  • 撃墜された場合の 「風評被害」 を懸念して、ロシアがウクライナ領内での攻撃を控えているという。

イギリス国防省は2023年1月9日、ロシアは撃墜されることを恐れてウクライナ上空での最新鋭戦闘機の使用を控えていると述べた。

最新の情報で、同省はロシアが「ほぼ確実に」最新鋭戦闘機のSu-57を使用しており、同機は少なくとも2022年6月以降、ウクライナに対する任務を遂行していると述べた。

「これらの任務は、ロシア領上空を飛行し、長距離の空対地または空対空ミサイルをウクライナに発射することに限定されている可能性が高い」としている。

また、ロシアが最新のジェット戦闘機を自国内に留めているのは、「ウクライナ上空での機体の損失から生じる評判へのダメージ、輸出見通しの減少、機密技術の侵害を回避するため」だと述べている。

双発単座のこの航空機は、ロシアで最も先進的な第5世代の超音速戦闘機だ。

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み