無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


多くの専門家が10年以内にロシアは崩壊すると予測…中国の台湾侵攻も確実視

ロシアのウラジーミル・プーチン大統領

2022年11月 17日、モスクワで産業開発基金のロマン・ペトルツァ理事長と会談するロシアのウラジーミル・プーチン大統領。

Sputnik/Gavriil Grigorov/Pool via Reuters

  • ロシアは2033年までに破綻国家になるか、崩壊する可能性があると多くの外交政策の専門家が考えていることがアトランティック・ カウンシルの調査で明らかになった。
  • ロシア経済は、欧米のウクライナ戦争による石油輸出規制などの制裁で大きな打撃を受けている。
  • 今回の調査では、ほとんどの専門家が中国は10年以内に台湾に侵攻すると予測している。

アメリカのシンクタンク、アトランティック・カウンシル(Atlantic Council)が行った最新の調査によると、ロシアは欧米の制裁措置の長期的な影響により経済が低迷し、2033年までに破綻国家となるか、あるいは崩壊する危険性があるという。

この調査は、167人の専門家に10年後の世界はどうなっているかについて意見を求めたものだ。回答者の46%が2033年までにロシアが分裂すると予想し、21%はロシアが破滅的な国家になる可能性が最も高いと見ている。

「最も驚くべき結果のひとつは、今後10年間にロシアが崩壊する可能性があると指摘した回答者が多かったことだ。これはロシア政府のウクライナ侵攻が、地球上で最大の核兵器保有国に極めて大きな混乱をもたらす可能性があることを示唆している」とアトランティック・カウンシルは述べている。

さらに回答者の40%は、「革命、内戦、政治的崩壊」によって、ロシアは2033年までに内部分裂すると予想している。

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み