無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


2023年は「クリエイター・ミリオネア」の年になる。今から参入するならどの分野?

『FIRE 最速で経済的自立を実現する方法』の著者、グラント・サバティエ。

『FIRE——最速で経済的自立を実現する方法』の著者、グラント・サバティエ。

Courtesy of Grant Sabatier

起業家で文筆家のグラント・サバティエ(Grant Sabatier)は、副業のおかげで、現在ほどお金を稼ぐのが簡単な時代はないと考えている。

「インターネットが普及したことで、ビジネスの場が広がりました。ソーシャルメディアやウェブサイト、電子メールなどを通じて簡単に顧客にアプローチできるようになった結果、どのようなタイプのビジネスでも、参入障壁が非常に低くなっています」

今後数年間は、デジタルコンテンツ・クリエイターやオンラインビジネスを展開する人々が特に好調に推移するだろうとサバティエは予測している。

「私たちは、オンラインで大金を稼ぐことができる最後のイニングに突入しています」と、2015年にミレニアル・マネー(Millennial Money)社を設立し、現在は金融サービス分野のウェブサイトを構築・購入・拡張する会社を経営する37歳のサバティエは言う。

「2023年はクリエイターエコノミーの年になり、『暗号資産ミリオネア』は『クリエイター・ミリオネア』に取って代わられるでしょう」

クリエイターは通常、デジタルオーディエンスを構築し、投稿に広告を掲載したり、講座その他のオンライン製品を販売したり、アフィリエイトを通じたマーケティングや他のブランドとのコラボレーションによって収益を得る。2022年、インフルエンサー界隈では記録的なベンチャーキャピタル資金の調達が行われ、クリエイターエコノミーにとって重要な年となった。

10年近くウェブサイト構築を手がけてきたサバティエは「オンライン製品やコースから100万ドル(約1億3000万円、1ドル=130円換算)以上の年間収益を上げるクリエイターがますます増えていくでしょう。オンラインクリエイターの黄金時代がやってくるのです」と語る。

Insider Intelligenceのデータは彼の予測を裏付けている。2023年には、多くのクリエイターにとってビジネスの原動力となるアメリカのインフルエンサーマーケティング予算が60億ドル(約7800億円)を超えると予想されている(2022年の49億9000万ドル〔約6500億円〕から増加)。

しかし、サバティエはこの「黄金時代」は短命に終わると予想している。

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み