無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


南極の「血の滝」が発生するメカニズムを科学者が解明

南極大陸のテイラー氷河の末端からボニー湖にしみ出す「血の滝」。2006年11月26日撮影。

南極大陸のテイラー氷河の末端からボニー湖にしみ出す「血の滝」。2006年11月26日撮影。

National Science Foundation/Peter Rejcek

  • 「血の滝」とは、南極大陸のテイラー氷河からにじみ出る鮮やかな赤色の水の滝のことをいう。
  • その独特の色は、氷からしみ出た鉄塩が酸素に触れて赤くなることによる。
  • この滝には、光も酸素もない極限状態を生き抜く微生物が生息している。

南極の大きな氷河では、氷からにじみ出るように真っ赤な川ができ、「血の滝」と名付けられている。南極大陸のテイラー氷河からボニー湖へ、なぜ赤みがかった水が流れ出るのか、科学者たちは何十年も頭を悩ませてきた

「血の滝」とは、その珍しい色から名づけられた。

「血の滝」とは、その珍しい色から名づけられた。

Mark Ralston/AP


この現象は、1911年に地質学者グリフィス・テイラー(Griffith Taylor)によって初めて発見された。当時は、水中に生息する紅藻類がこの鮮やかな赤い色の原因だと考えられていた

近くから見ると、氷河から海水が流れ出ているのが分かる。

近くから見ると、氷河から海水が流れ出ているのが分かる。

Peter West / NSF

Sources: National Science Foundation, University of Alaska Fairbanks

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み