無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


ナイキが直販重視を見直し?…直近の四半期で卸売事業が大きく成長

フットロッカーの店舗外観

ナイキのCEOは先日、フットロッカーのCEOと会談したことを明らかにした。

Xavi Lopez/SOPA Images/LightRocket/Getty Images

  • スポーツウェア大手のナイキは、2017年から積極的に消費者への直販を進めている。
  • それ以来、同社の卸売事業は横ばいだが、直販事業の売上は2倍になっている。
  • しかし前四半期には、フットロッカーなどの店舗での卸売が、直販よりも成長した。

ドイツ銀行のアナリストは、ナイキ(Nike)の最新の四半期報告書で面白い変化に気づいた。同社の9月から11月の卸売事業の成長率が直販事業を上回ったのだ。

この異変は、同社の在庫が膨れ上がっていることに関連している可能性がある。だが、アナリストらが同社が卸売事業から離れすぎたのではないかと疑問を呈し、ナイキの幹部たちがフットロッカー(Foot Locker)のような小売店の重要性を語り始めたことも背景にある。

ドイツ銀行は投資家向けの先日の報告書で、ナイキの第2四半期において「強力な卸売事業の成長があった」と述べている。卸売の売上は前年同期比19%増の73億ドル(約9500億円)で、15%の成長だった直販を大きく上回った。

欧州、中東、アフリカを除くすべての地域で、卸売の大きな成長が見られた。北米では、直販の売上は23%増だったのに対して、卸売は37%増だった。

ドイツ銀行は、ナイキの株式を「買い」と評価している。

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み