無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


香港の中国国有銀行、高額預金者にファイザー製のコロナワクチンを無料提供

このインセンティブは、中国国民が西側のワクチンを欲しがっていることを示している。

このインセンティブは、中国国民が西側のワクチンを欲しがっていることを示している。

Li Ran/Xinhua via Getty

  • 香港の中国国有銀行が、約50万ドルを預金した顧客にファイザーの予防注射を提供する。
  • この優遇措置は、中国本土の市民が欧米で開発されたmRNAワクチンの接種を希望していることを示すものだ。
  • この「特典」は、中国本土と香港間の渡航制限を解除した後に提供されている。

香港の銀行が、口座に400万香港ドル(約6770万円)以上入金した新規および既存の顧客に対し、ファイザー(Pfizer)/バイオンテック(BioNTech)のmRNAワクチンを無料で提供している。

このワクチンは、中国本土と香港の越境規制を解除したことを受けて提供されるもので、中国国有企業の中国中信集団(CITICグループ)が保有する中信銀行国際(CNCBI)が3月31日まで展開している数々の「特典」の一つだ。

ファイザーのmRNAワクチンは、中国本土ではあまり利用されておらず、そのほとんどはmRNA技術を含まない中国産ワクチンに頼っているのが現状だ。しかし、フォーチュンによると、香港とマカオの永住者は、ファイザーのワクチンを無料で入手することができたという。

CNCBIのプレスリリースによると、ワクチンの無料提供は「顧客の富と健康に配慮した特典」の一つだという。

あわせて読みたい

Popular