無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


メタ、新しい広告アルゴリズムを導入…差別的だと指摘された住宅広告配信を改善へ

メタのマーク・ザッカーバーグCEO。

メタのマーク・ザッカーバーグCEO。

NurPhoto/Getty Images

  • 2023年1月9日、メタは住宅広告やクレジット広告に関する新たなターゲティングアルゴリズムを発表した。
  • この動きは、約4年前に同社が公正住宅法違反の疑いで訴えられたことを受けてのものだ。
  • メタのプラットフォームは、2026年6月まで連邦政府の監視下に置かれ、その改善の進捗が見守られることになる。

フェイスブック(Facebook)を運営するメタ・プラットフォームズ(Meta Platforms)は、公正住宅法(Fair Housing Act)違反の疑いが指摘された訴訟でアメリカ司法省と和解し、2023年1月9日に新たな広告ターゲティングアルゴリズムの使用を開始した。

この動きは、アメリカ政府と大手テック企業の間で4年近くにわたって繰り広げられた訴訟と交渉の集大成だと言える。ことの始まりは、2019年3月にアメリカ住宅都市開発省が、メタがターゲット広告アルゴリズムによって「住宅差別を可能にした」として同社を提訴したことだった。その6カ月後には、フェイスブックが高齢者や女性に他の人と同じ住宅や金融サービスの広告を表示せずに差別しているとして、集団訴訟が起こされた。

公正住宅法は、住宅販売や賃貸において、性別、宗教、肌の色、ジェンダー、障害、家族構成などを理由に差別することを禁じている。

メタの広告ターゲティングアルゴリズムは、定期的に差別的な行為を行っていないかが精査されている。また、年齢や性別に基づく雇用や採用の差別を助長しているとの疑いについても、メタは調査を受けている。

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み