無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


2023年、米国のプライバシーコンプライアンスはどう変わる?「CPRA は間違いなくハードルを上げる」

california_privacylaw-eye

※この記事は、ブランディングを担う次世代リーダー向けのメディアDIGIDAY[日本版]の有料サービス「DIGIDAY+」からの転載です。

米国のプライバシー保護が新時代の幕開けを迎えようとしている。

2023年には、ブランドやパブリッシャーからエージェンシーやアドテクの仲介業者まで、さまざまな企業がコロラド州、コネチカット州、ユタ州、バージニア州の新しいプライバシー法に従うことになる——そしてもちろん、カリフォルニア州もだ。

カリフォルニア州では、既存のカリフォルニア州消費者プライバシー法(CCPA)から、より包括的なカリフォルニア州プライバシー法(CPRA)に移行する。

CPRAが何をもたらすのか

あわせて読みたい

Popular