無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


「勤務時間を決めない」「個性はパワー」ロジクールに学ぶ、多様性と向き合うチームマネジメント

秋吉梨枝さん

撮影:キム・アルム

PCの周辺機器というと、黒やグレーの男性的なデザインが頭に浮かぶ。しかしLogitech(日本法人ロジクール)でコーポレート/ブランドサイトのグローバル責任者を務める秋吉梨枝さんが愛用するのは、自分の名前が入ったローズカラーのマウス。2年ほど前に、日本チームが予算を達成したときに、社から贈られたものだ。

女性を中心とする開発チームが手掛けたという、ジェンダーフリーなデザインの「Aurora Collection」や、あらゆる世代に向けて開発された最軽量のゲーミングヘッドセットなど、多様性を感じさせる製品を続々と世に送り出しているLogitech。その背景にあるDE&I(ダイバーシティ、エクイティ&インクルージョン)の実践について、秋吉さんに話を聞いた。

ユーザーの多様化が生み出した新たなデザイン

名前入りのマウス

2年ほど前、日本チームが予算を達成したときに会社から贈られた名前入りのマウス。

撮影:キム・アルム

マウスやキーボードといった周辺機器は、PCを使う人にとっては手足のような存在だ。シンプル&クールなデザインもいいけれど、そこに自分らしさや楽しさを感じることができたら、ユーザーのモチベーションはもっと上がるかもしれない。「そんな機会をすべての人に贈りたい」という熱意を開発チームから日々感じている、と秋吉さんは語る。

「ゲーミングマウスも、以前はゲーマーの方がメインターゲットで、黒やグラファイトを基調とするデザインが主流でした。しかし現在は、ユーザーは縦にも横にも広がり、コーディングやeスポーツに親しむ層がどんどん増えています。私たちも多様なデバイスを、多様な人々に届けていく必要がある。こうした動きは以前からありましたが、ここ数年で製品のラインナップが育ってきました」(秋吉さん)

ボトムアップで始まったニューロダイバーシティの取り組み

秋吉さん

多様なデバイスを多様な人々に届けていこう、という会社の姿勢が、ここ数年製品のラインナップに反映されていると話す秋吉さん。

撮影:キム・アルム

NPO「Girls Who Code」を後援するなど、未来の女性プログラマーをサポートする活動にも力を入れるLogitech。異なる考え方、スキル、アイデアを持つ人々が集まることがイノベーションをもたらすという信念は、ボトムアップで始まったというニューロダイバーシティの取り組みにも表れている。

ニューロダイバーシティ(Neurodiversity、神経多様性)は、脳や神経、それに由来する個人レベルでのさまざまな特性の違いを多様性と捉えて相互に尊重し、それらの違いを社会の中で活かしていこうとする考え方だ。

「LogitechではADHDやASD、失読症などの脳の特性を“スーパーパワー”と捉える風土があります。彼・彼女らも自ら社内グループを作り、自分たちの得意・不得意や、特性を生かした新たなアイデアを提案し、日々感じていることなどについて積極的に発信を行っています」(秋吉さん)

こうした取り組みがHR主導ではなく自発的に生まれ、発信から1カ月ほどで「よし、やろう」と実行に移されていく。そのスピード感はLogitechらしい部分かもしれない、と秋吉さんは話す。

チームの多様性が増すほどWebサイトは堅牢になる

秋吉さんの話す様子

秋吉さんが率いるのは、世界各国にルーツを持つ70人のチーム。異なる考え方、スキル、アイディアを持つ人々が集まることがイノベーションをもたらす、という社の信念を体現する。

撮影:キム・アルム

以前、別のインタビューでは、「グローバルのWebサイト責任者に」というオファーを産休中に受け、悩みながらもチームメンバーと信頼関係を築くまでの軌跡を語っている秋吉さん。それから2年、メンバーの国籍はさらに多様化し、現在は世界52カ国に向け、世界各地から採用された社員がリモートで働いている。

「私のチームは70人ほどですが、最も人数が多いのはインドで、2番目がUS。香港、ヨーロッパにも拠点があり、ヨーロッパの中心人物はポーランドにいます。この人は元・庭師というバックグラウンドのせいか、計画性がすごい。種を植えて、育てて……みたいなオペレーションの達人なんですよ」(秋吉さん)

「この人と働きたい」と思ったら、世界中どこからでも採用するのが秋吉さんのモットーだ。Webサイトは100人いれば100通りの使い方があるため、「多様な価値観があればあるほど堅牢になっていく」という。

人は住む場所によって感性も仕事のやり方も違うので、さまざまな地域の人がいた方がバランスがいいのです。先日も、8年ほど一緒に仕事をしているインド在住のマネージャーから『ついにインドの全地域から人を採用することができた』という報告がありました。

インドは本当に広く、地域によって思想や習慣、祝日まで違う。Logitechのなかでも、インドの主要リージョンを網羅したのは私たちWebサイトのチームが初めてでしたから、本当によくやってくれたと思います」(秋吉さん)

DE&Iよりも“個々の尊重”を意識する

秋吉さん

チームがうまく機能するために、「健全性」を重視していると語る秋吉さん。

撮影:キム・アルム

マイクロマネジメントは一切しない、と話す秋吉さんだが、多様性のあるチームを率いる上で、大切にしていることが一つある。

「それはチームの健全性。チームがどれだけ健全に、自立的に仕事ができているかを重視しています」(秋吉さん)

なぜ健全性が必要なのかというと、問題が起きたときに自分が責任をとるため、と秋吉さん。不健全なチームはトラブルを隠そうとするから、リカバリーがどんどん遅れてしまう。心理的安全性が保たれた健全なチームであれば、失敗したときも犯人捜しをしたり、過剰に落ち込んだりすることなく、すぐに次の行動に移ることができる

「私のチームは勤務時間も決めていないし、急用で抜けるときも詳細な連絡は不要。一番楽な連絡手段で、簡潔に状況を教えてくれるだけで十分です。だって、突然お子さんが熱を出してケアが必要なのに、会社や私にまで気を遣うなんて本末転倒でしょう? 『いらないよ』って言っているのに報告をくれる人もいるから、あえてレスもしないことにしています」(秋吉さん)

チームメンバーを信頼し、一人ひとりが「自分はこうしたい」と発信できる環境と、のびのび仕事ができる自由を確保する——。「DE&Iよりも、まずは“個々の尊重”を意識する」という秋吉さんの言葉に、多様性と向き合うチームマネジメントのヒントを見つけた気がした。

秋吉さん

撮影:キム・アルム

MASHING UPより転載(2022年12月8日公開


(文・取材:田邉愛理)

田邉愛理:ライター。学習院大学卒業後、センチュリーミュージアム学芸員、美術展音声ガイドの制作を経て独立。40代を迎えてヘルスケアとソーシャルグッドの重要性に目覚め、ライフスタイル、アート、SDGsの取り組みなど幅広いジャンルでインタビュー記事や書籍の紹介などを手がける。

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み