無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


水が豊富な2つの系外惑星を発見…惑星に水があるかどうかを調べる方法とは

地球から218光年の距離にある「ケプラー138」とその惑星の想像図。

地球から218光年の距離にある「ケプラー138」とその惑星の想像図。

NASA, ESA, and Leah Hustak (STScI)

  • 豊富な水で構成され、生命が存在するかもしれない2つの系外惑星が発見された。
  • 系外惑星は、これまでに5241個発見されている。
  • 系外惑星の大気の化学組成の分析によって、水が存在するかどうか判断されている。

こと座の方向、218光年の距離にある薄暗い赤色矮星「ケプラー138」の周りを、2つの惑星「ケプラー138c」と「ケプラー138d」が、周回している。

これら2つの系外惑星は、その多くが水でできている可能性があるという研究成果が「Nature Astronomy」に掲載された。

しかし、時速2万8000kmで進む宇宙船が到達するのに800万年以上かかるほど遠くにある惑星のことがなぜ分かるのだろうか。

「トランジット法(食検出法)」によって、これまで多くの系外惑星が、赤い円で示された太陽系周辺の範囲内で見つかっている。「重力マイクロレンズ現象」の観測によって見つかった系外惑星は、黄色い点で示されている。

「トランジット法(食検出法)」によって、これまで多くの系外惑星が、赤い円で示された太陽系周辺の範囲内で見つかっている。「重力マイクロレンズ現象」の観測によって見つかった系外惑星は、黄色い点で示されている。

NASA/JPL-Caltech

「トランジット法」で恒星の減光によって惑星を発見

ほとんどの系外惑星は、「トランジット法(食検出法)」と呼ばれる手法で発見されている。

「つまり、ケプラー宇宙望遠鏡や他の惑星探査望遠鏡によって、恒星の前を通過する惑星が何度も観測されているということだ」と、モントリオール大学太陽系外惑星研究所の博士課程に在籍し、論文の筆頭著者であるキャロライン・ピオーレ(Caroline Piaulet)はInsiderに語っている。

惑星が恒星の前を通過するとき、恒星はわずかに減光する。それを強力な望遠鏡を用いて観測することで、惑星が発見できる。

惑星が恒星の前を通過するとき、恒星はわずかに減光する。それを強力な望遠鏡を用いて観測することで、惑星が発見できる。

NASA Ames

1992年に太陽系外の惑星が初めて発見されて以来、天文学者は太陽のような恒星を周回する系外惑星を探し求めてきた。

アメリカ航空宇宙局(NASA)の「太陽系外惑星アーカイブ」によると、すでに5241個の太陽系外惑星の存在を示す直接的な証拠が見つかっている。

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み