無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


ビットコイン、アメリカのインフレ圧力緩和を受けて2カ月ぶりの高値に

2022年6月21日、トルコのイスタンブールで撮影。

2022年6月21日、トルコのイスタンブールで撮影。

Umit Turhan Coskun/Getty Images

  • ビットコインは1月13日に8%上昇し、1万8800ドルを超え、2カ月ぶりの高値を記録した。
  • それは、この日発表されたアメリカのインフレに関するデータが、今後の経済環境に対する期待を高めた後のことだった。
  • 「喜ぶにはまだ早すぎるが、昨日からの値動きは励みになる」と、ある暗号資産関連企業幹部はInsiderに語った。

インフレが減速しているという新たな兆候が暗号資産(仮想通貨)業界の厳しいニュースの数々を打ち消して、ビットコイン(BTC)は2023年1月13日(アメリカ東部時間:以下同じ)に2カ月ぶりの高値を付けた。

Messariによると、この資産総額が最大の仮想通貨は過去24時間に8%上昇し、1万8856ドル前後で取引された。

13日の早い段階で、アメリカの12月の消費者物価指数(CPI)がインフレ圧力のさらなる緩和を示し、連邦準備制度理事会(FRB)の当局者に利上げを減速させる余裕を与えた。

物価は前年同月比6.5%の上昇で、2022年6月の9.1%という高水準からの脱却が進む中、年間インフレ率は6カ月連続で低下した。

金融サービス会社Exnessのシニアマーケットストラテジスト、ワエル・マカレム(Wael Makarem)は「良好なインフレデータはトークンの価格を押し上げるはずで、市場が(現在の)反発を固めるのに役立つだろう」と述べた。

「全体として、FRBが金融政策を軟化させる方向に動けば、暗号資産は今年、より良い条件を見つけることができるだろう」とマカレム氏は付け加えました。

「市場は2023年、アメリカの金利が安定し、最終的には低下し始める可能性を織り込んでおり、もしそうなれば、暗号資産や他のリスク資産への投資家のより多くのリスクテイクを促進することができる」

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み