無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


混迷続くセールスフォース、2月にも営業チームを中心にレイオフか。動揺走る社内は「生産性ほぼゼロ」

セールスフォース

セールスフォースのマーク・ベニオフCEO。

REUTERS/Denis Balibouse

セールスフォース(Salesforce)の関係者は、同社の新会計年度が始まる2023年2月に、主に営業職を対象としたさらなるレイオフが実施されるのではないかと戦々恐々としている。

8人の社員と元社員がInsiderに語ったところによると、今回の営業職のレイオフはセールスフォース社員の10%を削減する計画の一環として実施される見通しだという。また、業績にもよるが、2023年中にさらなる10%の人員削減も検討されているようだと、この件に詳しい人物は話す。別の内部関係者は、より大規模なレイオフの可能性について、社内で議論されているのを耳にしたことがあると言う。

2023年1月4日、同社はコスト削減を目的とした広範なリストラの一環として、社員の10%をレイオフする計画を発表した。セールスフォースの直近の社員数は7万3461人とされており、この数字をもとに計算すると最大で7000人程度が削減される可能性がある。Insiderの既報の通り、同社の幹部らはEメールや全社会議を通じ、レイオフは今後数週間続く見通しだと社員に繰り返し伝えている。

Insiderは、1月初めに行われたセールスフォースの全社会議の音源を入手した。ベニオフCEOはこの全社会議で「『1回きりで終わり』というような線引きをするつもりはない」と社員に向けて語っている。

あわせて読みたい

Popular