無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


【佐藤優】学び直してアラサーでエンジニアデビューしたものの…約2年で自信喪失。転職すべきか

ラジオ収録室にいる佐藤優さんとシマオ

イラスト:iziz

シマオ:皆さん、こんにちは!「佐藤優のお悩み哲学相談」のお時間がやってまいりました。今日も読者の方から応募フォームにお寄せいただいたお悩みについて、佐藤優さんに答えていただきます。さっそくお便りを読んでいきましょう。

こんにちは、私はもうすぐ子どもが生まれる30代前半の男です。

SESという客先常駐型のシステムエンジニアとして働いていますが、なかなか次の派遣先が見つからず、社長からは「貴方のスキルでは営業に苦労します」と言われたり、客先面談で落ちるたびに「努力が足りない」「質問がド素人過ぎて貴方はマイナス」と怒鳴られたりしており、エンジニアに向いてないのではと思い始めています。

常駐先が決まっても1人で常駐するため、周りに聞ける環境でもなく、コミュニケーションが取りづらい環境です。

職業訓練校で学び直した後にエンジニアになり、もうすぐ2年近くになりますが自信がなくなってきています。エンジニアとして働き続けたい気持ちはあり、病院の社内SEの書類選考に応募し、通ったりはしています。

ただ、子どもも生まれるため転職するべきかまだ迷っています。この先どうしたらよいかアドバイス頂けると幸いです。

(ベンゲル、30代前半、システムエンジニア、男性)

派遣会社の「良し悪し」はどこで決まる?

シマオ:ベンゲルさん、お便りありがとうございます。学び直してSEにはなったものの、今の仕事を続ける自信を失いつつあるとのことです。佐藤さん、転職すべきかどうかを含め、いかがでしょうか。

佐藤さん:大前提として、この方はプログラマーではなくSEのお仕事をされています。一般的に、SEの仕事はクライアントと打ち合わせをし、その方針に従ってシステムを設計すること。対して、プログラマーはその設計通りにプログラムを書く仕事だと言われています。

シマオ:いわゆる上流工程をSEが担当して、その後をプログラマーが担当するっていうことですよね。

佐藤さん:はい。ただ、1人で客先に常駐しているという状況から考えると、プログラマー的な仕事まで任されている可能性が高いのではないでしょうか。

シマオ:僕も少し調べてみたのですが、SES(システムエンジニアリングサービス)では下流工程の仕事を任されることが多いようですね……。ブラックな会社が多いという評判も多数見かけました。

佐藤さん:こういった派遣型の業務では、契約でどんな仕事をするのか最初にしっかりと取り決めたとしても、実際の現場では曖昧になっている場合もあります。本来は常駐先のクライアントは指示ができないはずなのに指示をしていたり、残業や休日出勤を命じたりと、厳しい環境であることは確かでしょう。

シマオ:大変なのですね……。ベンゲルさんの悩みとして、どうもSEの仕事自体に自信を失い、派遣会社の社長との関係もうまくいっていないということもあるようです。

佐藤さん:ベンゲルさんは職業訓練校に通ってSEになったとのことです。職業訓練校では3カ月から最大2年間ほど基礎教育を受けることができるとされていて、その間、条件を満たせば生活費の支援もしてもらえます。

シマオ:けっこう手厚いんですね!

佐藤さん:ベンゲルさんは受講後に就職に成功し、しかもすでに2年間、SEとしてのキャリアも積んでいる。その事実から、一定レベルはクリアしていると思います。

シマオ:たしかにそうですね。病院の社内SEの書類選考にも通っている訳ですし……。そうすると、社長の「あなたのスキルでは営業に苦労する」とか、「努力が足りない」という言葉は、理不尽な言葉にも感じられますね。

佐藤さん:そもそも派遣会社のオーナーの仕事は、自社の人材のスキルと実力に合った派遣先を見つけることです。あるいは能力が足りなければそれを補う方法をアドバイスするなど、サポートもすべきでしょう。そういうものが相談の文章からは見えて来ません。私はそれが一番の問題だと思います。

シマオ:ちょっと社長の一方的なパワハラ体質を感じますよね……。

佐藤さん:中小の派遣会社でも、もっとしっかりとした会社はあるはずです。オーナー自身がSE出身で現場をよく知っているとか、そうでなくても、適切にマネジメントしてくれるとか。

ベンゲルさんにはエンジニアの仕事を続けたいという気持ちがあるとのことですので、同業者の口コミなどを参考にして、そういうところに転職することをお勧めします。すでに行動されているように、社内SEの仕事を目指すのもいいでしょう。

シマオ:同業種で転職して初めて、前の会社の異常さが分かったというのはよく聞く話ですもんね。

SEの経験は他業種でも生きる

佐藤さん:もし人と会って話をするのが苦にならない、好きだというのであれば、将来的にキャリアアップをして、クライアントとの折衝がメインである上流工程を目指すのもいいでしょう。私は、ベンゲルさんはある程度コミュニケーション能力のある方ではないかと予想しているので、適性があるかもしれません。

シマオ:どこからそう感じられたんでしょうか?

佐藤さん:まず、問題を抱え込まずに相談してくるという行動力です。問題の投げかけも現実的でした。それから、これはあくまで余談に過ぎませんが、結婚しているということは、少なくとも価値観の違う他者と自らをすり合わせて生活しているということです。

シマオ:なるほど。この文章からそこまでプロファイリングされているとは……。

佐藤さん:それにもし仮に、エンジニアとしてやっていくのはやはり難しいと感じて、異業種の正社員に転職したとしても、例えば営業職になった場合でも、SEのスキルや経験は大いに武器になる可能性があります。

シマオ:例えば、どういったシーンが想定されるんでしょうか?

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み