無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


2025年には「世界の商用車は10%がEVになる」…矢野経済研究所が推計


「Next Generation Delivery Vehicle」(NGDV)

アメリカの郵政公社USPSのEV宅配車両。「Next Generation Delivery Vehicle」(NGDV)と呼ばれている。Oshkosh社が製造を担当。USPSは2022年12月、2028年まで6万6000台以上のEVを配備し、少なくとも4万5000台がバッテリーEVになると発表している。

撮影:Business Insider Japan

EV(電気自動車)が身近なものになる中で、物流を支える商用車の電動化が世界でどう進むのかは、自動車産業を見る上で大きなポイントだ。

矢野経済研究所が1月13日に発表した調査では、2023年以降、急激に拡大するとの見通しを示している。

電動化比率を示した興味深いグラフは以下の通りだ。

出典:矢野経済研究所のプレスリリース「電動商用車の世界市場に関する調査を実施(2022年)」

赤枠部分は編集部による加工。

出典:矢野経済研究所のプレスリリース「電動商用車の世界市場に関する調査を実施(2022年)」より

矢野経済研究所によると、世界の商用車全体の販売台数は2022年、2305万台となる見通し。サプライチェーンの混乱による生産遅れなどが影響し、2020年水準を下回る数字だ。

一方、電動商用車(ここでは、ハイブリッド、PHV、電気自動車、燃料電池車まで含む)全体は2022年も販売台数が伸び続けており、2021年までは1%前後だった電動化比率は、2022年は一気に3.7%にまでシェア拡大が進む見込みだ。

同研究所では、内燃機関車と電動車の価格差が同等になる仮定の「アグレッシブ予測」と、バッテリー価格や積載量、航続距離などの課題が残ったと仮定する「コンサバティブ予測」の2つの予測を示している。

このうち、拡大傾向を保守的に見たコンサバティブ予測でも、2025年に商用EVは全世界の商用車販売台数の10%に達する。背景には、「環境問題、企業の社会的責任という観点からも、電動車の普及は今後も促進されるとみられ、BEVを中心に電動商用車の販売台数は増加していく」(プレスリリースより)という、社会的な要請がある。

ただ、商用車のEV化に関しては、各国で温度差がありそうだ。

同研究所では、その牽引役となるのは「欧州と中国を中心に市場を形成していく見通し」だとする。とりわけ欧州はロシアによるウクライナ侵攻の影響からエネルギー危機の懸念がくすぶり続けているが、今のところ、積極的なEV化を進めようとす方針は堅持している。

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み