無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


ついついガジェットを拭きたくなる。エレコムの「クリーニングクロス」の実力

8BDA852B-F386-4D02-82B4-45F05239B4EB_1_105_c

Photo: 中川真知子

この記事は2022年11月30日に公開された記事の再掲載です。

クロスなんてどれも同じだと思っていた…。

みなさんはガジェットを拭くとき、何をを使っている? 筆者は長年メガネ拭きだったのですが、拭くときに結構力を入れないといけないのと、iPadに貼り付けたペーパーライクフィルムの汚れが落ちにくいなーと思っていた。

そこでイロイロと調べていたら、エレコムの「クリーニングクロス」が良いらしい。布1枚でお手入れライフが変わるのかな、と懐疑的でしたが手に入れてみたらこれが大正解! メガネ拭きからは永久に引退することにした

クリーニングクロス」おすすめポイント

・ひとなでするだけで簡単に汚れが落ちていく

・拭き取り力は従来製品の2倍

・労力も時間も半分以下でキレイに

ひとなでするだけ

9474FB9A-F39D-43E7-AB7C-52DEA2407539_1_105_c

メガネ拭きは適度に力を込めて何度もこすらないと、スクリーンの皮脂汚れや手垢が取れなかった。ペーパーライクフィルムなんて、ほとんど汚れが落ちない始末…。

しかし「クリーニングクロス」なら、ひとなでするだけで簡単に汚れが落ちていくのだ。その理由は、分割型構造の超極細繊維「ベリーマX」が採用されているから。長い毛足が細かい凹凸にも密着し、汚れの微粒子を確実にキャッチしてくれる。

商品ページの説明によると、拭き取り力は従来製品の2倍なんだそうだ。感じる、その圧倒的な実力……!

汚れを絡めとる感

E44FD4A7-4621-4A99-8224-B52FDCEC6B6B_1_105_c

筆者は 「ワイヤレスマウス トラックボール無線M 575」を使っているが、トラックボールって頻繁に掃除しないとカーソルの動きが鈍くなる。

これまではメガネ拭きでガシガシと拭いていたが、「クリーニングクロス」だと中を擦るだけでこびりついた汚れを絡め取ってくれる感じ。

715F54DF-506A-4BF9-A27A-FA3E14D91A73_1_105_c

ボールだって、今までは力の入れすぎで落としたりしていた

今までは汚れが取りきれておらずボールの動きに引っかかりを感じることがあったが、「クリーニングクロス」を使ってお手入れしたあとはとてもスムーズになる。これは快感!

専用グッズの良さを教えてくれる

F011781A-75D3-46D7-B57D-9C0849B8A780_1_105_c

エレコムの「クリーニングクロス」は、面白いほど簡単に汚れが取れるので、何でもかんでも拭きたくなってしまう。他にもキレイにするものなかったっけ? と、ガジェットを引っ張り出してきては表面をフキフキ。いいものを使うと掃除ってこんなに簡単で楽しいものだったんだな、と実感させてくれる。

メガネ拭きやティッシュでもできないことはないが、「クリーニングクロス」なら労力も時間も半分以下でキレイにできた。この便利さを知ってしまったら、もう前の生活には戻れないだろう。

ガンガン使っているが、水洗いできるので繰り返し使えてコスパも良さげ。あぁ、本当に出会えてよかった。

エレコムの「クリーニングクロス」は一回使ったらクセになること間違いなし。筆者は今持っているMサイズのほか、カメラ専用にMサイズ、持ち運び用にSサイズを追加購入しようと思っているくらいだ。

せっかく良いガジェット使っているのだから、キレイな状態を保ちたいという、ものへの慈しみの心まで生まれてきた。

なお、以下の表示価格は執筆現在のものです。変更の可能性がありますので、販売ページをご確認ください。

クリーニングクロス」おすすめポイント

・ひとなでするだけで簡単に汚れが落ちていく

・拭き取り力は従来製品の2倍

・労力も時間も半分以下でキレイに


注:この記事のリンクを経由して製品を購入すると、アフィリエイト契約により編集部が一定割合の利益を得ます。

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み