無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


ChatGPT開発企業のCEO、教育関係者の懸念に回答…「我々は電卓を使うことに適応した」

ChatGPTを開発したOpenAIのサム・アルトマンCEOは、AIでテキストを生成する技術を電卓に例えた。

ChatGPTを開発したOpenAIのサム・アルトマンCEOは、AIでテキストを生成する技術を電卓に例えた。

Skye Gould/Business Insider

  • OpenAIのサム・アルトマンCEOはインタビューで、ChatGPTを用いた盗作を特定する方法を考案すると述べた。
  • しかし、盗作を100%検出できるツールを作ることは本質的には不可能だという。
  • アルトマンは学校や政策立案者に対し、検出ツールに頼らないように忠告している。

話題のAIチャットボット、ChatGPTの開発を手がけるOpenAIのサム・アルトマン(Sam Altman)CEOは、教育現場でAIによる盗作を発見するための方法を開発すると述べているが、それは不正を完璧に検出することを保証するものではないと警告している。

アルトマンは「なるべく早くいくつかのことをやってみようと思っている」と、StrictlyVCのコニー・ロイゾス(Connie Loizos)とのインタビューで述べている。

「GPTのような言語モデルで出力したものを、教育現場でもう少し検出しやすいようにする方法があるかもしれない。しかし正直なところ、断固とした決意のもとでこれを利用する人は、それすら回避してしまうだろう」

これまで長い間、新たな技術は生活や教育現場に取り入れられてきており、ある程度時間が経過すると、これらの技術はよい影響を与えるようになったとアルトマンは言う。

「AIによるテキスト生成は、誰もが適応しなければならないものだ。我々は電卓を使うことに適応し、数学のテスト内容を変えてきた。ChatGPTはその極端なバージョンであることは間違いないが、同時にそのメリットも極端なものだ」

ニューヨーク市教育局管轄下の学校シアトルの公立学校は、盗作やカンニング防止のために学校でChatGPTを使うことを禁止した。アルトマンのコメントはそれを受けてのものだ。

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み