無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


イケア、自社のコンテンツファクトリーを設立。「ポスト・カタログ時代」に向けインハウス能力を強化

household-static-eye

Illustration by Ivy Liu

※この記事は、小売業の変革の最前線を伝えるメディア「モダンリテール[日本版]」からの転載です。

イケア(Ikea)は自社のコンテンツ作成の簡素化することをめざしている。そのため同社は昨夏、スウェーデンのマルメに従業員約60人からなるコンテンツファクトリーのインカコンテンツファクトリー(Ingka Content Factory)を設立した。

同社のグローバルコミュニケーションマネージャーを務めるベレン・フロー・ウリアルテ氏は、「当社はすでに社内で保有していた能力の一部を集めた」と述べ、さらに、サービスを拡大するために約20人の新しい従業員を雇用したと付け加えている。「ウェブの編集、動画の編集、写真撮影など多くの新しい能力を社内に加えつつある」。

それによって同社は、社内チームのコンテンツ作成、および社外とのコミュニケーションの両方を、より機動的にしようとしている。会議、イベント、デジタルコミュニケーション、同僚とのコミュニケーション用のコピーライティング、アートディレクション、グラフィックデザイン、動画および番組の制作を社内の従業員が行うことで、トーンに一貫性を持たせ、新しいフォーマットを迅速にテスト可能になると、同社は信じている。

ウリアルテ氏は次のように述べている。

「最初の数カ月は主に社内のコンテンツを扱っているが、インカコンテンツファクトリーは少しずつ各種のチャネルに展開を進めていく考えだ。当社はこの活動をゆっくりとはじめ、規模を拡大して、エンドユーザーに有益なものを見つけだすつもりだ。顧客からの期待と需要はこれまでにも増して大きい。現状にとどまることがもっとも大きなリスクになる」

インハウスの力が重要視される理由

あわせて読みたい

Popular