無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


ソニーの耳をふさがないイヤホン「Float Run」が正式発売:ランニング用途に加え在宅ワークに最適

Float Runの外箱

アメリカと日本向けにクラウドファンディングで展開されていた「Float Run」が正式製品として登場した。

撮影:小林優多郎

ソニーは1月24日、オープンイヤー型の新しいイヤホン「Float Run」(フロートラン)の正式発売を発表した。

実売価格は2万円前後(税込)で、発売日は2月3日を予定している。

ソニーとしては、ランニングなどのアクティビティー用途やテレワークなどでの「ながら作業」に適した製品としてリリースする。

開放型ながら大型ドライバーで音質を確保

Float Runの外箱の正面

製品版のパッケージ。プラスチックフリー梱包になっている。

撮影:小林優多郎

Float Runはソニーが2021年11月にクラウドファンディング「Indiegogo」で公開し、目標300台出荷に対して、開始から5時間で達成した製品(出荷は2022年9月以降)。

今回はその製品版にあたり、外箱以外の仕様の違いはない。

Float Run 本体

Float Runの本体。カラーバリエーションはブラックのみ。対応コーデックはSBCとAAC。各種簡易接続機能(Googleの「Fast Pair」、Windowsの「Swift Pair」)には非対応。

撮影:小林優多郎

最大の特徴はオープンイヤー型=開放型イヤホンであるという点。

イヤホンにはさまざまな種類があるが、一般的なのは耳栓のごとく耳を塞ぐ密閉型(カナル型)、密閉までいかないが耳に引っ掛けるインナーイヤー型がある。

Float Runは開放型なので、耳をふさがない。耳の至近距離にスピーカーがあり、周囲の音と一緒に音楽が聴ける。

開放型にはFloat Runのようなタイプのほかに、昨今では骨伝導式の製品(Shokzシリーズなど)や、ソニー自身が過去にリリースしている音導管設計のもの(Xperia Ear Duoなど)がある。

Float Run 充電端子

充電端子はUSB Type-C。ケーブルのみ付属する。連続音楽再生時間は最大10時間(公称値)。

撮影:小林優多郎

開放型の利点は、外音を自然に取り込め、通気性がよく比較的長時間の利用も苦にならない点がある。

さらに、Float Runの場合は16mmドライバーという比較的大きな振動板を採用しているため、かなり広がりのある音を楽しめる。

スピーカーが耳元で浮いている感覚

装着時 側面

装着すると耳の後ろとバンドでバランスが取れる。

撮影:小林優多郎

実際に装着してみると、その軽さと聴ける音楽体験がかなり好印象だ。

ソニーで外音取り込み&軽量というと、直近では2022年2月に発売されたワイヤレスイヤホン「LinkBuds」を思い出す。

LinkBudsは振動板に穴を開けて周囲の音を取り込むというユニークな製品だったが、装着方式としてはインナーイヤー型に近かった。

装着時 背後

後ろから見ると白いスピーカー部分が「浮いている」のがわかる。

撮影:小林優多郎

一方、Float Runは耳元にスピーカーを浮かせる感覚だ。ほとんどの設置面は頭の側面や耳の後ろにあるため、圧迫感がゼロに近い。

最初は、きちんと位置を固定できるか不安に思ったが、バッテリーや基板を含む重さがある部分が耳の後ろに配置されており、自然にバランスが取れるようになっている。

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み