Amazonの置き配が「オートロック解除」導入を拡大、再配達削減へ…三井不動産RLと協業

置き配

アマゾンの「オートロック付き物件の置き配」の対応を拡大する。

撮影:小林優多郎

アマゾンジャパンは3月2日、三井不動産レジデンシャルリースと協業を発表した。

協業により、三井不動産レジデンシャルリースが運営・管理する賃貸マンションにおいて、共有玄関などにオートロック設備がある場合でも「置き配指定」が可能になる。

三井不動産レジデンシャルリースが管理する物件数は約7万8000戸で、そのうちすでに10棟約400戸には展開済み。今後もマンション管理団体や所有者の承諾を得て、対応物件を拡大していく方針だ。

ドライバーには「1回限り」の解錠権限が付与

アプリの画面

ドライバーはドライバー用アプリで解錠する。

撮影:小林優多郎

「オートロック付き物件の置き配対応」の仕組みは、アマゾンが2021年3月から展開している「Key for Business」を採用している。

Key for Businessでは、マンション設備にアマゾンのデバイスを設置。ドライバーが対象の荷物を持ってきた際、ドライバー向けアプリのボタンを押すだけで、オートロックのドアが開く仕組みだ。

アプリで解錠できるのは1回だけ。番号等を伝えて開ける仕組みではない(あくまでドライバーがすることは到着時にアプリのボタンを押すだけ)ため、置き配完了後はマンションの中に入ることはできない。

中村氏

三井不動産レジデンシャルリース 経営企画部長の中村誠氏。

撮影:小林優多郎

三井不動産レジデンシャルリース側の担当者・中村誠氏によると「いつ、誰(どのドライバー)が入館したか確認を取れる」ことなど、同社が求める一定のセキュリティー要件が担保されていることが、導入のきっかけになったという。

中村氏は「宅配物を受け取る機会は増えている。その中でも、再配達は慢性的な課題」と課題感を挙げ、居住者の生活体験向上に寄与することを期待している。

なお、デバイスの購入費・設置はアマゾンの負担となるが、電気代などのランニングコストは管理費等の所有者負担となる。

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み