無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


noteが「引越し」機能に初対応、バックアップや他サービスからの記事移行が容易に

note

noteの記事一覧から新機能が使える。

出典:note

コンテンツプラットフォームを運営するnoteは3月6日、記事のインポートならびにエクスポート機能をリリースした。

両機能とも、6日より順次ユーザーに展開され、14日までには全ユーザーが利用できるようになる見込み。スマホアプリでは利用できず、ブラウザーでアクセスできるWeb版限定の機能となる。

noteからの引越しが可能に

エクスポート機能

エクスポート機能の概要。

出典:note

エクスポート(書き出し)機能は、noteから別のブログなどのメディアに、noteに投稿したコンテンツを引越す機能だ。

エクスポート機能を使うと、WXR形式のXMLファイルと、記事の画像や音声などが含まれる「assets」フォルダーをZIPファイルとしてダウンロードできる。

ダウンロードできる自分の記事は、公開、下書き、予約投稿にセットされているものが対象となる(削除済み記事は対象外)。

投稿の種類は特に問わないが、同社の写真共有サービス「みんなのフォトギャラリー」を利用した見出し画像や、note内のハッシュタグ、コメント、スキ(リアクション)などは含まれない。

エクスポートしたファイルが実際にどう使えるかは、インポートに対応するサイトによる。WXR形式のXMLファイルということで、大手ブログCMSの「Wordpress」と、note自身のインポートは想定されている。

ただし、noteのヘルプページでは「ほかのサイトなどにデータをインポートする方法は、インポート先によって仕様が異なるため、サポート対象外」としている。

LINE BLOGや他のブログからのnoteにも移行可能

note LINE BLOG

LINE BLOGからのデータ移行も同日案内された。

出典:note

もう1つの「インポート」(読み込み)機能は、逆に別サービスからnoteに引越すための機能だ。

エクスポート機能でも出力できるWXR形式のXMLファイルや、ブログCMS「MovableType」などでエクスポートされるMT形式にも対応している。

また、6月29日にサービス終了予定の「LINE BLOG」からのインポートにも対応する。これもLINE BLOGが3月30日から提供予定のMT形式でのエクスポート機能で出力したファイルを、noteで読み込む流れが想定されている。

注意点としては、noteがスタートした2014年4月7日12時以前の投稿データは一律で「2014年4月7日12:00」の投稿として読み込まれることになるところだ。

開発の遅れていた機能だが……

両機能とも、2022年12月21日の上場前から開発中と度々予告されていた機能だった。

例えば、同社CXOの深津貴之氏は2020年5月11日のツイートで「(当時から)1年以内想定」と話していた。

noteは、企業のオウンドメディアなどの活用例もあるが、インポート/エクスポートがなかった点が、コンテンツの可搬性という意味で課題だった。

今回のリリースにより、この点は改善が進んだ。ユーザーの満足度は高まるが、一方でこの機会に「noteから引越す」ことも可能になる。どの程度同社の月間アクティブユーザー数(MAU)や登録ユーザーの流出に影響が出るか注視が必要だ。

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み