【佐藤優】たった半年で異動を望む若手。悩む管理職にオススメの「先例踏襲」という説得法

masaru_50.001

イラスト:iziz

シマオ:皆さん、こんにちは! 「佐藤優のお悩み哲学相談」のお時間がやってまいりました。

読者の方にこちらの応募フォームからお寄せいただいたお悩みについて、佐藤優さんに答えていただきます。さっそくお便りを読んでいきましょう。

現在、私のいる部署で仕事をしている20代の若手社員がいます。もともと新卒として入ってきて、1年ほどで部署異動をして私がマネジメントする課に入ってきました。

ただ、まだ半年ちょっとしか経っていないのに、もう部署異動をしたいと言ってきています。

一応会社としては、新卒の3年間で2部署は経験させてあげようという方針ではあるのですが、流石に早いだろうと感じ、本人にもそう話しています。ただ、「違う部署の仕事に興味があって、やってみたい」の一点張りです。

これで仕事ができないならしょうがない奴で終わるのですが、仕事はでき、将来的には幹部にもなるであろう人材です。最初の配属部署での評判も上々でした(だからこそ受け入れた訳ですが)。

今は売り手市場ですし、辞められては困るので検討するとは返しているのですが……。私は彼とどう向き合うべきなのでしょうか。

(蘭、30代前半、会社員、女性)

管理職こそ社内ネットワークを築くべき

シマオ:仕事ができる部下に異動を望まれている上司の方からのお悩み……ということですが、いくら仕事ができるにしても半年は早くないですか? 「石の上にも三年」という言葉もありますし……。

佐藤さん:仕事の内容にもよると思いますよ。専門職で高度なスキルと経験が求められる仕事なら3年どころか、一人前になるには10年は必要です。

ただ、一通りの手順を覚えればできるようなマニュアル仕事であれば、能力がある人なら3カ月もあればマスターしてしまう可能性だってあり得ます。

シマオ:蘭さんのお仕事がどのような仕事かはよく分かりませんが、仮にマニュアル的な仕事であれば、引き留めても仕方がないということでしょうか?

佐藤さん:この部下が本当に優秀な幹部候補生なのであれば、もう好きにさせてやるのも手です。ただ、私が気になったのは、果たして本当にこの部下は周りが言うほど優秀なのかどうかという点です。もしかしたら、怪しいかもしれません。

シマオ:えっ!? どうしてそう思われたんでしょうか?

佐藤さん:本当にそんなに優秀なら、前の部署の上司がそんなに簡単に手放すでしょうか? それこそ必死で説得して、もう少し長く引き留めるのではないでしょうか。3年間で2つの部署を体験させると言っても、1年で出すというのはちょっと早い気がします。

シマオ:なるほど。たしかにそう言われてみると……。

佐藤さん:蘭さんは、もしかすると周囲の言葉を額面通りに受け止め過ぎているのかもしれません。それこそ、この部下は前の部署でもマイペースで、全体の調和を乱し、体よく外に出された可能性だってあると思います。

シマオ:そういうパターンもたしかに十分あり得ますね! でもそんな要注意人物なら、その情報は事前に分かるのでは?

佐藤さん:いえ、そんな情報を外に出したら受け入れてくれる部署がなくなってしまうでしょう。だから、優秀な幹部候補生だということにあえてしておく。そういう情報操作は十分にあり得ます。

シマオ:そうかぁ……。そういうところまで読んだ上で、上司は受け入れるかどうかを判断しないといけない訳ですね。でも、お話を伺っているうちに、だんだん僕もそんな気がしてきました。もし仮に幹部候補生だったとしても、ちょっと好き勝手言い過ぎな気がします。

佐藤さん:ひょっとすると、蘭さんは「優秀な人材を半年で外に出してしまった上司」というレッテルを貼られるのを怖れるあまり、冷静な判断ができなくなっているのかもしれません。

もう少し客観的にその部下のことを見極めることです。そのために大切なのが、組織におけるネットワークです。

シマオ:横のつながりがあれば、社内の裏情報がもっと入ってくるってことでしょうか?

佐藤さん:その通りです。日ごろから人事部の人たちとコミュニケーションをとることはもちろん、他部署のリーダーともランチなどをして、いろいろ話をする。集まりや飲み会などがあったら、面倒がらずに顔を出してみる。

シマオ:なるほど。コロナも以前ほどの警戒感ではなくなりましたし、今なら食事などもしやすいですね。でも、いきなり他の部署のリーダーに声をかけるのはハードルが高くないですか?

佐藤さん:それなら、蘭さんの元上司で信頼関係のある人を頼って、そこから社内ネットワークを広げるという手法がおすすめです。

シマオ:それならやりやすそうです!

「先例踏襲」で相手を説得するべし

340452416_745310167133210_4173307390515685848_n

イラスト:iziz

佐藤さん:これまでの話を踏まえて、私なりの結論としては、その部下に対してある種の交換条件を出して譲歩を迫るということになると思います。具体的に言えば「先例踏襲」です。

シマオ:「先例踏襲」? どういう方法なんでしょうか?

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み