引っ張るだけでリュックにもなる便利すぎるエコバッグ。旅行やジムにも使えそう

main_ノットアバッグ

撮影:苫米地結子

コンビニ弁当に特化したエコバッグ穴を自己修復するエコバッグ……。

この連載では、これまでにさまざまなエコバッグが登場している。

私が紹介したいのは「リュックになるエコバッグ」だ。背負うことができれば、手に提げるよりも負担が軽減される。

体力のない私にはぴったりかもしれないと思い、試してみることにした。

「バッグではない」エコバッグって?

01

notabag「BAG & BACKPACK 」4070円(税込)

撮影:苫米地結子

ブランド名は「notabag(ノットアバッグ)」。

一見なんの変哲もないトートタイプのエコバッグだが……。

Videotogif

※動画編集の都合上、色がオレンジっぽくなってしまったが、実際は写真通りの色味だ。

撮影:苫米地結子

このように持ち手を引っ張ることで、簡単にリュックに変身する。

02

撮影:苫米地結子

恥ずかしながら、私はオーバーオールや抱っこ紐の長さ調節が苦手で、いつも手間取ってしまう。

このバッグも、リュックに切り替えるとき苦労するのでは……と思っていたが、そんな心配は無用だった。

世界各国で認められたエコバッグ

03

撮影:苫米地結子

ペットボトルや大ぶりな野菜も背負ってしまえばラクに運べる。

両手が空くので、ティッシュペーパーやオムツを持つことだってできる。

この構造は、EU(欧州連合)で特許デザインとして認められているほど。

日本では「2019年度グッドデザイン賞」を受賞しており、ドイツの国際的なデザイン賞「German Design Award 2016」も受賞している。

2日分の食材がすっぽり収まる

04

撮影:苫米地結子

収納部分の大きさは、大体45センチ四方ほど。

一人暮らしの2日分くらいの食材であれば、余裕ですっぽり収まる。

05

撮影:苫米地結子

内ポケットがついているのもありがたい。

スマホや鍵をしまっておけば、使いたいときにすぐ取り出すことができる。

アウトドア素材だから丈夫で水にも強い

06

撮影:苫米地結子

素材の比率は、コットン63%、ナイロン37%。よく見ると、格子状に繊維が縫い込まれている。

これは「リップストップ」といって、強度を保つためにテントなどのアウトドア用品に使われる生地。薄手だが、重いものを入れても破れにくいようにつくられている。

また、撥水性も抜群で、水滴がついてもさっと拭き取ることができた。

汚れてしまっても、低温にすれば洗濯乾燥機で洗えるのも助かる。

簡単にたためてコンパクト

07

撮影:苫米地結子

私は、用途に応じて複数のエコバッグを所持している。

どのエコバッグもお気に入りだが、たたみにくくて無理やり収納袋に押し込んでいるものも多々ある……。

08

撮影:苫米地結子

その点、このエコバッグは、ダントツでたたみやすい。不器用な私でも20秒くらいで簡単に折りたたむことができる。

IMGP9975

撮影:苫米地結子

収納ケースにしまえば、縦13センチ×横15.5センチ×厚さ2センチほどに収まるので、いつも仕事用のカバンに忍ばせている。

ふらっと買い物に立ち寄った時に「エコバッグを忘れた!」と慌てることもなくなった。

出張先でお土産を買うときにも役立っている。

約50種類のカラバリ展開

商品一覧

再生PET素材で作られたシリーズもある。

notabag公式サイトよりキャプチャ

エコバッグといえど、ファッションデザイナーと共同開発した商品ということもあり、デザインが豊富。

公式サイトを確認したところ、なんと約50種類ものカラーバリエーションがあった。

どれも洗練されたデザインで、どの色にしようかしばらく迷ってしまう。

年齢や性別関係なく、多くの人が使えそうなデザインなので、プレゼントとしても喜ばれそうだ。

買い物袋用に購入したが、銭湯やジムの着替え袋にも応用できそうなので、追加購入を検討している。

エコバッグの域を超えて活躍するアイテムになりそうだ。

[notabag公式サイト]


Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み