“ホロライブ生みの親”カバー谷郷社長が語る上場の意義「VTuberは、より一般化した存在になり得る」

カバーの谷郷元昭社長と同社所属VTuber「ときのそら」さん。上場はあくまで「スタートライン」と位置づける谷郷氏に、今後のビジネス展望を聞いた。

カバーの谷郷元昭社長と同社所属VTuber「ときのそら」さん。上場はあくまで「スタートライン」と位置づける谷郷氏に、今後のビジネス展望を聞いた。

撮影:伊藤圭

国内最大規模のVTuber事務所「ホロライブプロダクション」を運営するカバー株式会社(以下、カバー)が5月12日、上場後初の通期決算を発表した。売上高は204億5100万円(前年同期比+49.7%)をマーク。営業利益34億1700万円(同+84.2%)、経常利益33億8500万円(同+82.6%)、純利益25億800万円(同+101.6%)と、大幅な成長を果たした

躍進を続けるカバーを率いるのは、社長の谷郷元昭氏だ。谷郷氏は、上場はあくまで「スタートライン」と位置づける。その上で、「VTuberはYouTubeを見ている方だけの存在にとどまらず、より一般化した存在になり得る」と、未来の展望を語る。

上場を果たした意義や今後のビジネス戦略、新規事業「ホロアース」について谷郷氏に聞いた。

【*後編はこちら

“VTuber”という存在が「一般化」するために……

Business Insider Japanのインタビューに応じる谷郷氏。谷郷氏は「YAGOO」の愛称でも知られる。

Business Insider Japanのインタビューに応じる谷郷氏。谷郷氏は「YAGOO」の愛称でも知られる。

撮影:伊藤圭

──2016年の創業から約7年。この間に「VTuber」は一つの文化、そして産業として大きな成長を遂げました。今、カバーが上場した意味について、どう捉えていますか。

私たちは日本から世界に向けて二次元エンターテインメントを提供していこうと考えて会社を経営をしていますが、「ようやくスタートラインに立てた」という思いです。

カバーは出資を受けているスタートアップ企業なので、事業を継続するためにも上場が必要でした。そしてこの度上場して、スタートラインに立ったということ。それは、この事業を安定して継続できる状況になったという認識です。

加えて、上場の意味合いとしては、知名度の向上による“B2B”のアライアンスの促進という面もあります。

──「アライアンスの促進」ですか。

近年では「YouTuber」という存在が世の中でメジャーな存在になりました。

一方で「VTuber」が一般化し、カルチャーとして定着するには、自社の力だけでは難しいものがあります。

例えば、音楽であればレーベル、グッズであればアニメイトさんのような販売企業のように、各領域でお客様との接点をお持ちの企業とのアライアンスが必要になってきます。

そういった企業と私たちがアライアンスを組み、よりたくさんのお客様にリーチしていく。そうすることで、VTuberがYouTubeを見ている方だけの存在にとどまらず、より一般化した存在になり得ると考えています。

「カバーという会社は上場企業として、きちんとサステナブルに経営できる会社だ」と思っていただければ、これまで提携できなかったような企業とも提携できるようにはなっていくのかな、と思います。

230417_24

撮影:伊藤圭

──1月には「星街すいせい」さんがVTuberとして初となるYouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」(一発撮りで収録した楽曲を披露するプロジェクト)への出演を果たし、2月には「さくらみこ」さんらが東京都から「東京観光大使」に任命されました。所属タレントの皆さんはVTuber文化を、より多くの人に届けられるようにさまざまなシーンで活動されています。

たとえばYouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」(登録者数780万人超)です。すいせいさんが登場したことで「VTuberへの偏見がなくなった」という方も結構いらっしゃると感じています。

自社だけでは今までリーチできなかった範囲にもアプローチする施策は、より積極的にやっていきたいです。

歌唱力の高さで知られる星街すいせいさんは、2023年1月にVTuberとして初めてYouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」に登場。披露した「Stellar Stellar」は現在までに1194万回視聴されている。

THE FIRST TAKE/YouTube

これから「伸びる」2つの事業領域とは。

2023年3月期には年間売上高が200億円を突破した。

2023年3月期には年間売上高が200億円を突破した。

出典:事業計画及び成長可能性 に関する事項(2023年5月12日)

──具体的な事業では4つの領域(配信・コンテンツ、ライブ・イベント、マーチャンダイジング、ライセンス・タイアップ)があり、いずれも売上高が伸びています。収益の基盤が固まってきましたが、今後はどの領域を伸ばしていきたいですか。

「伸ばしていく」というより「伸びるのはどこか」という意味では、マーチャンダイジングとライセンス・タイアップだと思います。

マーチャンダイジング分野では、現状は各タレントさんのグッズ、特に記念日のグッズ販売などが中心になっています。ただ、これは店頭に並んでいるグッズというよりは受注生産など、限定商品に近いかたちです。

自社ECサイトでは、5月8日からQRコード決済とスマホ決済を導入した。メルペイも後日導入予定。

自社ECサイトでは、5月8日からQRコード決済とスマホ決済を導入した。メルペイも後日導入予定。

出典:hololive production OFFICIAL SHOP

自社のECサイトはありますが「在庫なし」の商品もあり、せっかく“推し”ができても買えるグッズがない場合もあります。ファンの方がアニメ関連のお店などでもっと身近にグッズを購入できる環境にしていくことが必要だと考えています。

それは、中学・高校生の方たちの間でもホロライブプロダクションのファンが増えている中で、そういった(未成年の)方たちが店頭で気軽にグッズを買えるようになる意味でも重要です。

──確かに。ECサイトではクレジットカード決済が主です。

やはり、店頭にグッズがなければ、まともに“推し活”ができません。

私たちもそういったマーチャンダイジングの取り組みをキャッチアップしていく必要がある。そこが私たちの課題です。

いま提供し始めているぬいぐるみシリーズ「hololive friends with u」が人気と聞いていますが、各タレントさんの個別グッズだけではなく、せっかくホロライブプロダクションとして展開するのであれば、「みこめっと」や「不知火建設(しらけん)」など、ファンの皆さんがユニットを作って楽しめる……みたいなところも需要があるのかなという認識です。

撮影:伊藤圭

──3月に幕張メッセで開かれたイベント「hololive SUPER EXPO 2023」では、これまで一緒にグッズを制作した企業のブースなどがあり、ファンが展示を楽しんでいました。今後、ライセンス・タイアップ領域が伸長する可能性も感じました。

おかげさまで、国内では大手のライセンス先の企業様とお付き合いをさせていただいていると思います。

今後は、特に海外におけるライセンス事業が重要になっていくと考えています。海外向けのグッズをこれから増やすとして、ファンの需要にあったものを作るためにも、海外のライセンス先企業様も開拓していきたいですね。

「hololive SUPER EXPO 2023」で展示されていた「兎田ぺこら」さんの等身大・日本人形フィギュア、「雪花ラミィ」さんと酒造メーカーのコラボで生まれた日本酒。ファンから親しまれている谷郷氏も、会場で配布された「ホロライブウエハース」の付録で登場した。

「hololive SUPER EXPO 2023」で展示されていた「兎田ぺこら」さんの等身大・日本人形フィギュア、「雪花ラミィ」さんと酒造メーカーのコラボで生まれた日本酒。ファンから親しまれている谷郷氏も、会場で配布された「ホロライブウエハース」の付録で登場した。

撮影:吉川慧

── 一方で、現時点で感じている課題は。

やはり、事業開発ですね。もちろんカバーには良いコンテンツやプロダクトを作る人たちが集まっており、音楽もライブもイベントも、コンテンツの品質に対するこだわりはかなりあると思っています。一方で、ビジネスにはまだまだ課題があります。

エンタメビジネスの本質は、利益を生み出し、その利益をもって新しい事業に取り組めるところにあります。いくら良いコンテンツを作れたとしても、それをしっかりとビジネスにつなげられなければ意味がありません。

「いいものは作れるけれど、作りっぱなし」ではなく、それがお客さんの求めているものであり、しっかりと利益も生み、さらに新しく面白いものを作れる好循環をつくれるか。そこも課題の一つです。

注目されるメタバース領域の新規事業は「時間をかけながら……」

撮影:伊藤圭

──新規事業について。開発を進めているメタバース事業「ホロアース」が注目されていますね。

Popular

Popular

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み