メタ「Threads」が丸パクリでも「代替Twitter」の大本命である理由

始まったThreads

インスタグラムアカウントでログインできるログインできる「Threads(スレッズ)」。

撮影:小林優多郎

メタ(旧Facebook)のTwitter対抗SNS「Threads」(スレッズ)が7月6日(日本時間、以下同)、サービスを開始した。

当初、6日午後11時開始とアナウンスされていたが、突如、6日午前8時と開始時刻が変更になった。実際は8時前からログインが可能となり、一気にユーザーがなだれ込んでいる状態だ。

Twitter模倣だが「対抗馬の大本命」

早速、Threadsを使ってみたが、ビックリするぐらいTwitterを模倣している。

Threadsの感想をTwitterに書き込むということをしていたが、時々、「いま、どっちに書き込んでいるんだっけ?」と迷うほどだ。

模倣といってもThreadsでは現状、ハッシュタグがなかったり、検索がなかったり、さらには投稿画面から直接、カメラを起動して画像を添付するといった機能がなかったりする。

ただ、このあたりはユーザーが増え、アップデートで対応してくる可能性は十分にありそうだ。

実際にログインしようとすると、Instagram(インスタグラム)のログイン情報やフォローなどを引き継ぐことから始まるため、インスタグラムユーザーであれば実にかんたんに始められる。

調査会社Statistaの推計によると、インスタグラムは世界で月間アクティブユーザー(MAU)が20億とされている。一方で、Twitterは5億強だ。メタとしてはインスタグラムのユーザー基盤を武器に一気にTwitterを抜き去ろうという考えなのだろう。

実際、メタのマーク・ザッカーバーグCEOの投稿によれば開始2時間で200万ユーザーを突破したという(編注:ザッカーバーグ氏はその後、開始4時間で500万ユーザーを突破したとアップデート報告もしている)

これまで「ポストTwitter」として、「Mastdon」(マストドン)や「Bulesky」(ブルースカイ)などが登場したが、規模が小さかったり、招待制であったため、一気にユーザーが増えて盛り上がることがなかった。

6日朝からユーザーが殺到しているところを見ると、とりあえず、Threadsは「Twitter対抗馬の大本命」に名乗りを上げたと言えそうだ。

「丸パクリ」ではなく独自の価値を示せるか

Threadsは、Twitterが閲覧制限を実施した直後に開始のアナウンスをしつつ、インスタグラム上でチケットをちらつかせたり、開始のタイミングを煽ったことで、世間の注目を浴びることに成功した。

あとはどれだけTwitterからユーザーを移行させられるかが重要となる。

Threadsとしては、まずはインスタグラムにいるインフルエンサーに使い続けてもらうことが成功の鍵となる。

ただ、いまのところThreadsは「Twitterの丸パクリ」に近いこともあり、何かしら、投稿したいというモチベーションを起こさせる材料が必要だろう。

ニュースアカウント

インスタグラムで認証マークのついていたアカウントはThreadsでも反映されている。

撮影:小林優多郎

インフルエンサーが根付き、フォロワーが増え、ユーザー基盤がしっかりすれば、あとは企業やニュースサイトのアカウントができてくるかが第2の関門となる。

やはり、Twitterは「新鮮なネタ」が読めて、共有し、感想を言い合えるところが魅力でもある。

もちろん、インフルエンサーの個人的な投稿も気になるが、いま起こっていることをチェックし、会話のネタにできるよう、企業やニュースサイトのアカウントを呼び込む必要があるのは間違いないだろう。

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み