データセンター「消費電力3倍増」問題、生成AIブームで一気に深刻化。マイクロソフト元幹部が懸念訴える

サムスン電子 データセンター

人工知能(AI)ブームを背景に、膨大な処理能力を求められるデータセンターのコストや立地条件、運営手法にも変化の兆しが見えてきている。画像は韓国・サムスン電子の水原(スウォン)本社キャンパス内にあるデータセンター。

REUTERS/Kim Hong-Ji

アメリカ国内のデータセンターが集中する「データセンター・アレイ(Data Center Alley)」は2022年、電力不足寸前にまで陥った。

米バージニア州アッシュバーンを中心とするこのエリアに電力を供給するエネルギー大手ドミニオン・エナジー(Dominion Energy)は、急増する需要に対応できない恐れがあるとの警告を発した。

電力不足は以前から問題化していたが、対話型AI「ChatGPT」のリリースに端を発するAIブームの到来により、次世代データセンターが消費するエネルギー量は2倍あるいは3倍に膨れ上がりそうだ。

業界の経営幹部や研究者、アナリストらは、ドミニオン・エナジーが2022年に経験したような非常事態がおそらくこれから日常茶飯事になると予測する。

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み