BUSINESS INSIDER JAPAN ビジネス インサイダー ジャパン

最高のチームで、変革に挑む。

最高のチームで、変革に挑む。

[ BUSINESS INSIDER JAPAN Special Feature ]

最高のチームで、変革に挑む。

アクセンチュアへ転職して見えたもの。エンジニアから時代を動かすコンサルタントへ

| ビジネス

Sponsored

北原さんと岩城さん

移り変わりの激しい現代のビジネス環境を生き抜くために、企業にとってDX推進は待ったなしの状況です。

そんな時代の流れのなかで、世の中のニーズに応える人材であるためには、どうすればいいのでしょうか。

今回は企業が抱えるさまざまな課題に対して、デジタルやテクノロジーの力を通じて解決へと導く「アクセンチュア」で働く2人にインタビュー。システムエンジニアからコンサルタントという異なる職種への転職を叶えた2人が、入社後に感じたコンサルタントに必要なものとは?

アクセンチュアのオペレーションズ コンサルティング本部(以下、オペレーションズ)で活躍する北原さんと岩城さんに、アクセンチュアのコンサルタントに転職をした経緯や実際に働いてみてわかったこと、キャリアの変化などについてお話を伺いました。

エンジニア出身者がコンサルタントになる理由

──北原さんは、日系の大手SIerでシステムエンジニア(以下、SE)として11年の経験を重ねたのち、2021年にアクセンチュアに入社されたそうですね。なぜ転職しようと思われたのでしょうか。

北原さん(以下、北原):新卒で希望の会社に入り、業務内容にも満足していたため、転職を考える機会はありませんでした。しかし、キャリアも10年になったとき、上司からの管理職打診をきっかけに、初めて自分のキャリアについて振り返りました。

これから何をしていきたいのか、どんな仕事にやりがいを感じるのかを考えるなかで、気がついたことは要件定義を通じてお客様の業務を抜本的に改善することに面白みを感じてきたということ。

同時に「変化を続ける世の中で、SE1本でこの先のキャリアを構築していくことが正しいのだろうか」という思いも頭をよぎり、転職活動をはじめました。そのなかで、コンサルタントの業務は自分のやりたいことと合致しているなと感じたのです。

また、グローバルな仕事にも携わってみたいという思いもあり、外資系コンサルティング会社に絞って転職活動を行ない、アクセンチュアに入社を決めたという経緯です。

アクセンチュア オペレーションズ コンサルティング本部 マネジャー 北原さん

アクセンチュア オペレーションズ コンサルティング本部 マネジャー 北原さん

──アクセンチュアのコンサルティングにはさまざまな領域がありますが、オペレーションズを希望したのはなぜですか?

北原:オペレーションズは、主にお客様のDX推進やデジタル業務改革を支援する部署です。お客様の業務をビジネスプロセスアウトソーシング(以下、BPO)として私たちが請け負っていますが、ただ単純に請け負うのではなく、業務の自動化や効率化を検討し、最適なツールを入れるなどして、より精度の高い業務品質を担保しています。

お客様の業務を抜本的に改善するには、現場レベルで地に足をつけて課題に向き合わなければ何も変わらないことを、前職のSE時代から経験していました。そんな本質に向き合った業務ができるオペレーションズを選んだのは、私にとって自然な流れだったと思っています。

──岩城さんも初めての転職だったとのことですが、前職の業務内容と転職理由をお聞かせください。

岩城さん(以下、岩城):新卒でシステム会社に就職し、SEとしてERP(統合基幹業務システム)パッケージのカスタマイズや導入を中心に、業務設計から開発、運用保守などを担っていました。

7年ほどが経ち、転職を考えるようになった理由は2つあります。

1つは、入社してから仕事ばかりの毎日を送っていたため、ライフステージやライフスタイルにあわせて柔軟に働ける環境に身を置きたいと考えたからです。

もう1つは、SEとして従事してきたシステム開発とはまた別の形で、お客様への課題解決に挑戦してみたいと思ったからです。その方向性でリサーチするなかで、総合コンサルティング会社が選択肢に上がりました。

アクセンチュア オペレーションズ コンサルティング本部 岩城さん

アクセンチュア オペレーションズ コンサルティング本部 岩城さん

──数ある総合コンサルティング会社のなかで、なぜアクセンチュアを選んだのでしょうか。

岩城:アクセンチュアはコンサルティング会社のなかでもトップクラスの実績で、さまざまなプロジェクトに関われるというイメージがあり、そのなかでもオペレーションズなら最新技術を駆使してお客様に近い立場で課題解決に関われるはずだと考えたからです。

また、私が転職活動をしていた時期に、アクセンチュアでは「Project PRIDE」という働き方改革にも積極的に取り組んでいることを知りました。それもあり、アクセンチュアなら私の希望が叶えられると感じました。

SEからコンサルタントになり、活躍の場が広がった

──SEから未経験のコンサルタントという異職種に挑戦することに不安はありませんでしたか?

岩城:たしかにはじめは不安もありましたし、「異職種に挑戦するぞ」と身構えていたかもしれません。しかし、実際に業務についてみると、2つの職種には共通点が多くあることがわかりました。

それまで私は毎日コードに向き合っていたわけですが、その対象がお客様や書類に変わるだけで、お客様の課題を洗い出して効率化していくという目的は、SEもコンサルタントも同じだからです。

──現在、アクセンチュアではどのような業務にあたっているのでしょうか。

北原:現在はオペレーションズのマネジャー(管理職)として、日本とAPAC(エイパック、アジア太平洋)における経理財務領域のBPOプロジェクトの責任者をしています。

マネジャーと言うと「人を動かす仕事」を想像するかと思いますが、そういったマネジメント業務以外にも、プロジェクトの規模や内容に応じて、現場で作業者としての業務に従事することもあります。

岩城:私は現在、官公庁系の総務事務領域でのBPOプロジェクトに参画しています。

本プロジェクトにて運営する総務事務センターでは、アクセンチュアがお客様の業務を一括集約し、多くの業務を自動化/効率化したうえで、運用を行なっています。私はそこで住居/給与手当といった手当関連領域の担当として、お客様とコミュニケーションを取りながら、進捗管理や品質管理を行なっています。

──SEの経験やスキルが仕事に役立っていると思うのはどんなときですか?

岩城:業務をシステム化するときや、システム上に不備があったときに、エンジニアの観点で調整ができるのは前職経験のおかげだと思います。

また、プロジェクトに従事していると、「システムにするまでもないけれど、ちょっとしたツールが欲しい」と思うときがあります。実際に自分でツールをつくって、業務の効率化を行なう場面もあり、そんなときはSEをしていてよかったと思いますね。

──北原さんはコンサルティング未経験な上に、マネジャーというポジションで入社しています。入社当初は大変ではありませんでしたか?

北原:今でも日々、四苦八苦しています(笑)。入社前は、アクセンチュアで働く人は「個」の力が強いというイメージがありました。しかし、実際に入社してみると、みんなで助け合う文化が根付いていると感じました。全社を横断してナレッジ共有や情報交換がされ、チーム内でも自分ができることとできないことを共有して補い合います。チームプレーですね。

前職では一緒に仕事するメンバーはほとんどSEで、持っている能力も近かったなと思います。しかし、バックグラウンドの異なる人が集まっているアクセンチュアでは、 プロジェクト内で人それぞれ秀でている能力が違います

それぞれの個性や能力をパズルのピースのように組み合わせ、チーム一丸となってお客様の課題に取り組むことができるのは、アクセンチュアの大きな強みだと思います。

北原さんと岩城さん

コンサルタントに求められるのは「見極める力」

──エンジニアからコンサルタントに転職して、どのようなスキルが身につきましたか。

岩城:まず何よりも、コミュニケーション能力ですね。SE時代に比べて、一緒に仕事をするメンバーであったり、お客様であったり、多くの方とコミュニケーションをとる機会があります。

私のプロジェクトでは、社内外の関係者が100名から多いときで150名ほどになります。そのなかでコミュニケーションをとったり、人間関係を築いたりすることにはもちろん難しさもありますが、仕事を円滑に進めるうえで、なくてはならない能力だと思っています。

北原:私はコンサルタントに転職して大きく変わったと思うのは「見極め力」ですね。エンジニアだったときは、お客様への提案が採用されないことが多々ありました。なぜ、提案採用率が悪かったかというと、それはお客様がどこに課題を抱えているのか、しっかり見極められていなかったからです。コンサルタントはそこが違います。チーム一丸となって、お客様の課題を徹底的に突き詰めていきます。だから、核心を突いた提案ができるのです。

──SEの方がコンサルタントとして活躍するために、身につけておくべきスキルはありますか?

北原:エンジニアがコンサルタントに転職するとき、「何か特別なスキルを身につけなければ」と慌てる必要はないと思います。使う能力は大きく変わらないと感じるからです。

お客様の課題を解決するうえで、いかにリスクなくQCD(Quality/品質、Cost/コスト、Delivery/納期)を管理していくか。大切なことやそこに使う能力は、エンジニアもコンサルタントも変わりません

──外資系コンサルティング会社というと、英語力が問われるのではないでしょうか。

北原:私の場合、前職から英語学習をしていたので、入社後に英語が使えるグローバルプロジェクトに関わりたいと希望を出しました。現在は東南アジアの人たちを中心に、フィリピンのマニラメンバーと英語を使って仕事をしています。

英語力が問われるというより、希望すれば英語力を発揮できる環境もあるということです。もしグローバルな仕事に興味があるなら、勉強しておいて損はないでしょう。活躍できる機会が広がりますから。

アクセンチュアで輝くのは「積極性」と「巻き込む力」

──アクセンチュア、とくにオペレーションズが求める人材を教えてください。

岩城:まずは「何事にも挑戦したい」という積極性でしょうか。前職では異なる職種へ転職をするSEは、私の周りにはあまりいないように感じました。しかし、実際に転職してみて、ケースに応じて的確な処理をするSEの業務設計の観点は、ほかの職種にも生かせるスキルなのだと実感しました。そのため、「挑戦したい」という気持ちがあれば、コンサルタントとしても活躍できるはずです。

そして、もう1つが「周りを巻き込む力」を持っている人。アクセンチュアではわからないことや、できないことに対して、サポートを求めれば周りは喜んで助けてくれます1つのチームとして、主体的にほかのメンバーを巻き込みながら課題に取り組める人なら、アクセンチュアはとてもマッチする環境だと思います。

北原:私も岩城さんと同意見です。周りを巻き込んで助け合い、協力しながら仕事を進めていける人が活躍できる会社だと思います。

あとはもう1つ、相手の「真意を読み取る力」も必要です。SEとコンサルタントで圧倒的に違うのは、対応しなければならないプロジェクト関係者の数。SE時代には、やり取りするのはお客様の情報システム部ぐらいだったのが、コンサルタントとなると関わる部署が多岐にわたり、それぞれの部署でやりたいことや思いが違う場合もあります。

単純に言葉のキャッチボールをするだけでなく、お客様の1つ1つの質問の意図を注意深く読み取り、真意を理解したうえで、プロジェクト全体が円滑に進むように調整していく。人との話し方や向き合い方を意識することが、仕事の成功にも自身の成長にもつながると思います。

「外資系コンサルは、仕事が大変そう」というイメージを持たれがちです。実際、難しい仕事も多くて大変な場面もありますが、アクセンチュアは柔軟に働ける会社。そこはマネジャーとして強調しておきたい点ですね(笑)。

私の場合では、まだ子どもが小さくて面倒を見る必要があり、一定の時間帯は子育て時間として仕事が入らないようにしており、それをチームメンバーも理解してくれています。また、育児休業や長期休暇を取りたいという人には、会社もチームも柔軟にサポートを提供しています

北原さんと岩城さん

変わりゆく社会のニーズに応えるべく、企業の人材要件が変化する今はまさに異なる職種への転職のチャンス。とくに、DX化が進む現代において、エンジニアとして培ったスキルや経験は、誰もが欲しがる強みなのです。

「エンジニアとコンサルタントの仕事には共通点が多い」と2人が語るように、エンジニアのキャリアで得たものは、コンサルティング領域でも発揮できます。

エンジニアだったからこそ、今の活躍がある」。この実感を、ぜひアクセンチュアで確かめてみてはどうでしょうか。


アクセンチュア オペレーションズ コンサルティング本部にご関心をお持ちの方は、下記リンクから採用情報をご確認ください。

オペレーションズ コンサルティング本部採用情報はこちら


オペレーションズ コンサルティング本部では九州(福岡/熊本)採用も強化しています。

九州(福岡/熊本)採用情報はこちら


まずはアクセンチュアの採用/イベント情報などを気軽に広く収集したい方には、キャリア登録がおすすめです。

アクセンチュア キャリア登録はこちら

"lifehacker"より転載(2023年6月30日公開の記事