台湾のホンハイがドイツのZF社から「自動車シャシー技術」を獲得した背景

出典:鴻海公開資訊

台湾の鴻海精密工業と世界有数の自動車部品サプライヤーであるドイツのZF(ZF Friedrichshafen AG)が7月24日、自動車シャシーシステムにおける提携を発表した。ZFの子会社に両社が50%ずつ出資する。鴻海は196億5300万台湾ドル(約890億2800万円)を出資し、これを機に高級自動車メーカーを始めとする自動車分野でのビジネスチャンス拡大を加速する。

鴻海は今回、ZFグループの子会社で自動車用シャシーシステムの製造・組立を行うZF Chassis Modules GmbHの株式の50%を取得した。現在の企業価値は約10億ユーロ(約1568億円)だという。鴻海は、ZFのシャシーはすでに自動車市場でシェアを獲得しており、鴻海の技術とエネルギーを結集してより多くの電気自動車(EV)関連製品を開発すると強調した。

鴻海の合弁契約は、管轄官庁の審査・承認を経て、6~9カ月以内に完了する予定。鴻海はこれを機に、フォルクスワーゲン、スマート、アウディ、メルセデスベンツ、BMW、ポルシェを含むドイツの自動車メーカーとの関係を強化すると見られている。

ZF グループは世界の高級車メーカー向けて、特にクルーズコントロール、安全装置、自動運転、電気自動車の4分野をメインにサービスを提供しており、従業員約16万5000人、2022年の売上高は438億ユーロ(約6兆8591億円)、32カ国に168の生産拠点を擁している。

海外メディア:自動車産業の構造変化と報道

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み