モルガン・スタンレーがマネージング・ディレクターに昇級させた140人とは?

morgan-stanley-just-named-140-new-managing-directors

Morgan Stanley

編集部注:この記事の内容は執筆時点のものです

モルガン・スタンレーは140人のスタッフをマネジング・ディレクター(取締役)に昇級させた。

この件に詳しい複数の関係者によると、同銀行は1月12日に昇級をスタッフに伝えた。関係者の 1人によると、完全なリストは来週発表される予定だ。

今年のリストは、156人がマネジング・ディレクターに就任した2016年よりも短い。

関係者によると、新しいマネジング・ディレクターの採用の約29%は女性で、記録を残し始めてから最も高い割合となっている。 2016年には、新しいマネジング・ディレクターの21%が女性だった。

モルガン・スタンレーは、1月17日に第4四半期の業績を発表する予定だ。コルム・ケレハー(Colm Kelleher)社長は、12月中旬のブルームバーグTVでのエリク・シャッツカーとのインタビューで、この件に関する予測について用心深い姿勢だった。

ケレハー氏は、他の銀行役員からの肯定的なコメントを受けて、モルガン・スタンレーの第4四半期の業績について尋ねられた後、「順調だ」と述べた。「みんなうまくやってくれていると思う」

[原文:Morgan Stanley just named 140 new managing directors

(翻訳:蓮)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい