イギリスのメイ首相、総選挙の前倒しを要求する背景と野党の反応

イギリスのメイ首相

総選挙に勝利することで首相は、「この先数年間にわたる確実性と安定性を確保」し、EU離脱を含む政策の実施に欠かせない国民からの信任を確固なものにしたいと述べた。

Leon Neal / Getty

  • テリーザ・メイ英首相が、解散総選挙を前倒しして6月8日に行うことを表明。
  • 議会で承認されれば、6週間後には総選挙が行われる。
  • 首相は選挙での勝利は、EU離脱に向けた準備を「確実かつ安定したものにする」と述べた。
  • 首相はテレビ討論会には臨まない方針だ。

イギリスのテリーザ・メイ首相は18日火曜日、首相官邸前で開かれた緊急記者会見で「国益のため」に、6週間後の6月8日に解散総選挙を前倒しする意向を表明した。

また首相は、翌19日に解散総選挙の前倒しの動議を議会に提出すると述べ、議員に賛同を求めた。

総選挙に勝利することで首相は、「この先数年間にわたる確実性と安定性を確保」し、EU離脱を含む政策の実施に欠かせない国民からの信任を確固なものにしたいと述べた。

YouGovが16日日曜日に発表した世論調査によると、メイ首相が率いる保守党の支持率は、労働党を21%上回っている。前回の選挙時の調査では、選挙前、労働党の支持率は保守党を13%上回っていた。しかし、その後の選挙では敗北した。

メイ首相は「イギリスにとって極めて重要な局面にもかかわらず、結束していなければならない議会が分裂している」と述べた。

「この数週間、労働党は我々とEUとの合意を破棄するため投票を行うと主張し、自由民主党は政権運営を足止めすると主張している。またスコットランド国民党は、EU離脱を定めた法案に反対票を投じると述べ、非公選制の上院は我々との徹底抗戦を表明した」

メイ首相は「彼ら(反対勢力)は、我々の政策履行への決意を過小評価している。私が看過できないのは、彼らがEU離脱に向けて我々が取り組むべき仕事を邪魔し、この先、数百万もの労働者の生活を脅かしかねないことだ」と付け加えた。

「そうした行いは我々がEUと交渉する際に、我々の立場を弱めるものだ。今、総選挙を行わなければ、彼らはこの先も政治的な駆け引きを続けるだろう」

またメイ首相は「このままでは、EUとの交渉が最も困難な段階に差し掛かるタイミングと、総選挙への準備を行うタイミングが重なってしまう。だからこそ、今、総選挙を前倒しする必要がある」と説明した。

メイ首相は、今回の表明以前、解散総選挙の前倒しの可能性を繰り返し否定していた。イギリスの法律では、総選挙は5年ごとに5月第1木曜日に行うと定められている。ただし、下院で3分の2の賛成を得られれば、首相は解散総選挙を前倒しすることができる。

労働党ジェレミー・コービン氏の反応

労働党の党首ジェレミー・コービン(Jeremy Corbyn)氏は、メイ首相の決断を歓迎している。コービン氏は以前のインタビューでも、労働党議員は解散総選挙の前倒しを求める投票があれば、賛成票を投じるよう指示すると述べていた。

「私はイギリス国民が大多数の利益を優先する政府を選ぶチャンスを与えられたという意味で、首相の決断を受け入れる」

また、コービン氏は「我々労働党は、経済の再建に失敗し、生活水準の低下を招き、教育や国民保健サービスの予算削減を行った現政府に代わる、より効率的な選択肢となる」と語った。

コービン氏は、今回の総選挙の見通しについて「過去数週間、労働党は明確で有益な政策を立案してきた。労働党がイギリス国民のために立ち上がる姿を見せられるだろう」と期待を込めた。

労働党の情報筋がBusiness Insiderに語ったところによると、党の全国執行委員会は数日中に緊急会議を開き、候補者を選出する。

一方、党が全面的な敗北を喫する可能性があるとして、総選挙の前倒しに反対する議員もいる。

ハード・ブレグジットを避けたい自由民主党

自由民主党の党首ティム・ファロン(Tim Farron)氏は、今回の総選挙をEUからの強硬離脱、いわゆるハード・ブレグジットを回避するために利用するべきだと呼びかけている。ファロン氏は「この選挙は、イギリス国民が国の方向性を変えることができるチャンスだ」と述べた。

「破滅的なハード・ブレグジットを回避し、イギリスを単一市場の一員に留め、開かれた寛容で団結した国でありたいと願う人にとって、この選挙はチャンスとなる」

ファロン氏は「自由民主党だけが、保守党を止めることができる」と訴えた。

イギリス独立党の党首ポール・ナタル(Paul Nattal)氏は、Twitterに「総選挙でのUKIPへの投票のひとつひとつが、イギリス国民の断固たるEU離脱への思いを国会に示すだろう」と投稿した。

なお、メイ首相の総選挙に関する発表を受け、イギリスポンドは高騰した

[原文:Theresa May calls for a 2017 general election

(翻訳:忍足亜輝)

関連記事

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

Recommended

Sponsored

From the Web