イギリスのメイ首相「EU離脱成功へ結束を」 —— 議会が6月の総選挙を承認

ロンドン中心部

Reuters

イギリス議会は19日(現地時間)、メイ首相が求めた6月8日の総選挙実施を承認した。

定数650のうち522人が賛成に回り、反対は13人にとどまった。

メイ首相は採決を控え、「国家が重大局面を迎える中、議会は分裂ではなく結束が必要だ」とし、総選挙により任期5年の強力かつ安定した政権が誕生すれば、欧州連合(EU)離脱交渉を成功に導くことができると訴えた。

世論調査では、与党・保守党が支持率を伸ばしており、メイ首相は総選挙で民意を問い、政権基盤の強化を目指す。選挙に勝利すれば任期は2022年までとなり、EU離脱交渉のみでなく、新たな通商協定への移行期間も見届けることが可能になる。

関連記事

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

Sponsored

Recommended

From the Web