科学的根拠に基づいた「魅力的に見える人」の9つの共通点

エマ・ワトソン

Stuart C. Wilson/GettyImages

とても魅力的に見える人たちがいる。どうしてだろう?

魅力を一般化して語るのはとても難しい。醸しだす雰囲気、育ってきた文化、人との付き合いのうまさにも左右される。誰がセクシーで、誰がそうでないのか、人によって考えも違うだろう。

だが、研究者たちは、他の人より魅力的に見える人々の共通点を見出している。私たちが世の中にどう自分を見せていくかを考える上で役に立つのではないだろうか。

ここでは、さまざまな科学的分野からの、興味深い研究結果を集めた(ただし、多くの心理学的研究は異性愛者をベースに考察されている)。

みんなを笑わせる

笑っている男性と女性

Getty Images

ユーモアは重要だ。特に女性を引き付けたい男性にとっては。

女性は、自分を笑わせてくれる男性を魅力的に思う傾向があることを、各種の研究が示している。当然といえば当然だ。笑うことは気分がいい! だが、その効果には偏りがある。男性を笑わせる女性が同じように男性にとって魅力的に映るのかというと、そうではないからだ。男性にとって、女性が自分をくすりと笑わせてくれるかどうかは大して重要でないようだ。

こうした違いが起きる原因は、いろいろ考えられている。

「ユーモアのセンスがあるかどうかが女性にとって重要なのは、面白い人は社交的で知性があると考えられていることからも説明できる。『社交性』と『知性』、それこそ女性が恋人に求めるものだからだ」 と人類学者のギル・グリーングロス(Gil Greengross)氏は『Psychology Today』に書いている。 いずれにしろ、あなたが面白い人なら、性別に関係なく、どうかそのままでいてほしい。

友達と行動する

ワン・ダイレクション

Getty Images

バンドだと格好良く見えるけど、一人一人はそれほどでもないということがある。どうしてだろうか?

カリフォルニア大学サンディエゴ校の2014年の研究によると、ほとんどの場合、人はグループでいる時の方が魅力的に見えるという。編集者のジェームズ・ハンブリン(James Hamblin)氏がこの面白い効果について「The Atlantic」で記事を書いている。脳はグループを集合的に認識するため、それぞれの顔が「平均化」され、結果としてより魅力的に感じられるという。

「友人をだしにするというのは、デートの戦略として確かにいい。本来以上に顔立ちがよく映るし、不利な特徴が平均化される」と研究者のドリュー・ウォーカー(Drew Walker)氏とエドワード・ヴル(Edward Vul )氏も指摘している。

一緒にいる仲間の顔の方が、自分よりも高いレベルで平均化されるのではないかと心配する前に、まずは、友達と外出しよう。

世間話は省く

カナダのトルドー首相とアメリカのオバマ元大統領

Kevin Lamarque / Reuters

初めてのデートで、最初の会話を「何人兄弟ですか? 」でスタートするのは良くない。そのような単純な質問は省いていい。

ニューヨーク州立大学の心理学者アーサー・アーロン(Arthur Aron)氏は1997年の研究で、人々を2つのグループに分け、それぞれペアを組んで、定められた質問をもとに45分間会話をする実験を行った。 1つのグループには雑談のような軽い質問、もう一方のグループには、より深い質問を用意した。その結果、深い質問に基づいて会話を進めたグループの方が強い結びつきを感じ、恋に落ちたペアまで現れた

ハーバード大学の研究によると、自分自身について語るときに活性化する脳の領域は、セックスやおいしい食事と同じ場所だという。これらの行為が同一のものではないとは言え、いずれも幸福感に結びつくのは確かだろう。好きな相手には自分自身を深く語らせてあげよう。それが相手を喜ばせることにつながる。

オープンマインドで

両手を広げるビヨンセ

Matt Cowan/Getty Images

一言で言えば、腕組みはだめ。オープンで自信を感じさせるポーズは、初対面の相手に好印象を与えると研究者たちは証明している。くつろいだ雰囲気を心がけよう。

リーダーであれ

レブロン・ジェームズ

Ezra Shaw/Getty Images

多くの人は「パワー」に憧れるものだ。

2014年の研究で、ある集団に属する人々は、その集団に属さない人々よりも、自分たちのリーダーを魅力的に見ていることが分かった。例えば、会社のCEOは社外の人よりも、そこの従業員にとってより魅力的に映るという。

研究論文の筆頭執筆者ケビン・クニフィン(Kevin Kniffin)氏らは「従来の研究は魅力を静的に捉えてきたが、我々の研究は、集団を構成するメンバーには自分たちのリーダーが魅力的に見えることを明らかにした」と述べた。

笑顔は強力

笑顔の女性

Getty Images

笑顔を求められ、いらだちを覚えることもあるだろう。特に、女性は「笑顔」が大事だと言われる

しかし、スイスの研究者が「魅力と笑顔の関係」を探るために行った2つの実験の結果、笑顔が素敵だと魅力的な顔に見えることが明らかになった。幸せそうな表情が顔立ちの欠点を補うのは、動かしがたい事実である。

日々の生活の中で、誰がどんな表情をしようと自由である。しかし恋人が欲しいなら、にっこり笑顔を向けることはマイナスにはならない。

親切に損はない

イドリス・エルバ

Max Mumby/Getty Images

誰にでも親切な人が魅力的に映るのは、ある意味当然のことかもしれない。

2014年に中国で120人を対象に行った調査では、「良い人」だと思われている人の顔は、より魅力的に捉えられていることが明らかになった。

研究に携わったヤン・ジャン(Yan Zhang)氏らは「人柄は見た目の魅力に関係していると思われる。愛される性格の持ち主は顔立ちも魅力的に感じられる一方、そうでない性格の人は、容姿の魅力も薄いと思われている」と記している。自分が好きな人だけでなく、好きでない人にも親切にした方がいい。みんなから魅力的だと思われるし、自分自身が過ごしやすくなる。

肌の美しさは世界共通の価値観

ドジャースのユニフォームを着た男性が日焼け止めスプレーを顔にかけている。

Doug Pensinger/Getty Images

人々がなぜ、特定の顔を魅力的に感じるのかを解明しようとする研究は多い。心理学者は、進化論的な観点から対称性や目立つパーツ(ぽってりとした唇や、がっしりとした顎など)が関係しているのではないかという。

だが、これらの研究はまだ曖昧であり、議論の余地がある。場所、時間、人種、文化、そして個人に根付いた価値観から切り離された、普遍的な魅力を明らかにするのは、一筋縄ではいかない。

それでも、1つだけ普遍的な魅力としてみなされるものがあるとしたら、それは「健康的な肌」だ。肌のお手入れを怠らない(日焼け止めクリームを塗り、睡眠をとり、健康的な食生活を送る)ことが、世界どこでも通用する「魅力」につながると、膨大な数の研究は示唆している。

自分らしく

ライアン・ゴズリング

Christopher Polk / GettyImages

魅力的になるための唯一の正解はない。

このことを強調する2015年の研究がある。あなたを魅力的だと感じる顔を決定づける最も重要な要因は、あなた自身にあるということだ。遺伝子ではなく、これまでの経験で形成されたあなたの好みが、魅力を規定する。他の人があなたを見るときも同じだ。

さらに、2016年に3000人以上を対象に実施された調査では、人間関係の最初の段階では、人は自分と異なる部分よりも「似ている部分」により強くひかれる傾向があると分かった。つまり、自分ではない誰かを演じることは、おそらく得策ではない。

あなたのタトゥーやボディピアスを素敵に思う人々がいる一方で、全く魅力に思わない人もいる。では、一体どうすればいいのか? 大丈夫。広い世の中には、あなたを魅力的だと感じる人がきっといるから。

[原文:9 science-backed ways to appear more attractive]

(翻訳:十河亜矢子)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい