韓国大統領に文在寅氏 —— 国会で宣誓・就任へ

喜ぶ文在寅氏

Reuters

9日に投開票が行われた韓国大統領選は、最大野党「共に民主党」の文在寅(ムン・ジェイン)候補(64)の当選が確実になった。

中央選挙管理委員会による最新の開票結果によれば、文氏の得票率は41.1%、保守系旧与党「自由韓国党」の洪準杓(ホンジュンピョ)候補(62)は24%、中道系野党「国民の党」の安哲秀(アン・チョルス)候補(55)は21.4%。

投票率は77.2%と20年ぶりの高さとなった。

文氏は党メンバーや支持者を前に「私を支持しなかった人々にも仕える大統領になる」と勝利宣言し、「公正で結束した国を作る」と表明した。

アメリカ・ホワイトハウスは文氏の勝利を祝福し、米韓関係の強化に向けて協力することに期待を示した。

文氏は10日に大統領に就任する。任期は5年。早ければ同日中に首相や企画財政相、安全保障担当閣僚、大統領府スタッフなどの人事を発表する可能性がある。首相人事は国会の承認が必要になる。

文氏は、北朝鮮問題を巡っては対話路線を掲げるほか、サムスンや現代など財閥企業の改革や財政支出拡大による雇用創出を目指す。

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい