「家族と一緒に暮らしたい」アメリカの移民収容施設、拘留者たちの生活

移民収容施設内で、食事を運ぶ拘留者

ICEによって拘留された移民。GEOグループが運営する、カリフォルニア州のアデラント移民拘留センターにて。

Lucy Nicholson/Reuters

ドナルド・トランプ大統領就任後、アメリカ全土で移民の逮捕者数が急増しているCNNによると、トランプ政権が発足してからの100日間で、ICE(移民税関捜査局)は5万4564人を拘束したが、そのうち2万3897人は犯罪者ではなかった。大規模な取り締まりが行われた2月には、1週間のうちに11州で600人以上が拘束された

カリフォルニア州で逮捕された移民の多くは、アデラント移民拘留センターに送られる。移民収容施設としてはカリフォルニア州で最大規模だ。収容された移民は、国外追放されるか、在留資格を判断するヒアリングが行われるのを待たなくてはならない。

ロイター所属の写真家ルーシー・ニコルソン(Lucy Nicholson)は、収容施設の内部に潜入し、収容された移民たちの暮らしを追った。


アデラント移民拘留センターは、ロサンゼルスの北東85マイル(約140キロ)に位置する。

アデラント移民拘留センター

Lucy Nicholson/Reuters


ICE職員に拘束された後、1800人以上の移民がここでヒアリングまたは国外退去処分を待つ。アデラントには約240人の女性も収容されている。

アデラント移民拘留センターに収容された移民

Lucy Nicholson/Reuters


ロベルト・ガラン(Roberto Galan)は33歳のエルサルバドルからの移民。彼はまだ10代だった1997年に、密入国の仲介者に3000ドル(約34万円)を支払い、エルサルバドルからアメリカへ不法入国した。

エルサルバドルからの違法入国者、ロベルト・ガラン(33)

Lucy Nicholson/Reuters

以後、2度ほど国外追放されているが、その度にアメリカに戻って来ている。現在、彼はアデラントセンターで国外退去手続きが完了するのを待っているが、勾留されてからすでに2年近くが経過している。

ガランは、勾留されてからすでに2年が経過しているという

Lucy Nicholson/Reuters

「国外追放されたくないんだ。家族と一緒にアメリカに残りたい」とガランはロイターに語る。彼には母親、妻、そして幼い子ども2人の家族がおり、家族は全員、合法的にアメリカで暮らしている。「僕らは一緒に暮らしたいだけなのに」

施設の周りには、有刺鉄線が張りめぐらされている。

アデラント拘留センターの周囲の有刺鉄線

Lucy Nicholson/Reuters

入口には、センターの職員たちが使用するための手錠が壁一面にぶら下がっている。

壁一面にぶら下がっているのは、センター職員が使用する手錠

Lucy Nicholson/Reuters

センターに収容される際、所持品はすべて没収され、ユニフォームとトイレットペーパー、バスタオルなどの基本的な日用品が手渡される。

収容される際に渡される、基本的な日用品

Lucy Nicholson/Reuters


赤いユニフォームは、州立もしくは連邦刑務所に服役したことがある「リスクの高い」拘留者に与えられる。その他の移民は青(犯罪履歴がない)もしくはオレンジ(軽犯罪のみ)のユニフォームを着る。

オレンジ色のユニフォームは、軽犯罪履歴のある拘留者が着用する

Lucy Nicholson/Reuters

2014年に施設の拡張工事が行われ、650台のベッドと女性用個室が追加された。

2014年に施設の拡張が行われ、ベッド650台と女性用ハウジングユニットが整備された

Lucy Nicholson/Reuters

Source:LA Times

拘留者たちは食事をしながら会話をする。食事は通常、ライス、リフライドビーンズ(炒め煮した豆)、ミックスベジタブルという献立。

拘留者たちの通常の献立は、ライス、リフライドビーンズ、ミックスベジタブルだ

Lucy Nicholson/Reuters

退屈しのぎに、彼らはドミノで遊んだり……

ドミノで遊ぶ拘留者

Lucy Nicholson/Reuters

新聞を読んで過ごす。写真の勾留者は、ワシントン州にあるタコマ移民収容所でのハンガーストライキについての記事を読んでいる。

新聞を読む拘留者

Lucy Nicholson/Reuters

拘留者は、施設内に設置された法律図書館、病院、宗教施設、そしてバスケットボールコートを利用できる。

施設内のバスケットボールコートを利用する拘留者

Lucy Nicholson/Reuters


短時間ではあるが、面会も認められている。

拘留者との面会に訪れた子ども

Lucy Nicholson/Reuters


アメリカ国内にある大半の民間の移民収容施設と同じく、アデラントの収容センターもフロリダを拠点とするGEOグループによって運営されている。

アデラント移民拘留センターは、GEOグループによって運営されている。

Lucy Nicholson/Reuters

トランプ政権発足以降、ICEによって拘束される人数は増加したが、ロサンゼルスを拠点とするICEのシニア職員デイヴィッド・マーリン( David Marin )は「アデラント移民拘留センターの日々のオペレーションは1月からほとんど変わっていない」とロイターの取材に対して語った。「管理体制に大きな変化はない。我々が集中すべきことは、外国籍の犯罪者を逮捕することだ。これは公共の安全のための業務だ」とマーリンは言う。

GEOグループは、アメリカで2番目に大きい営利目的の刑務所運営会社だ。

GEOグループが運営するアデラント移民拘留センター内のICE職員と拘留者たち

Lucy Nicholson/Reuters

KTLAのレポートによると、3月下旬と4月上旬に、ICEの監視下で、アデラントセンターに収容されていた2人の死亡が確認された。

ガランは、彼の申し立てに対する決定が数週間以内に出ることを期待している。

食事を持ち運ぶ拘留者

Lucy Nicholson/Reuters

「ここにいる人たちはアメリカに残るために2年、3年、4年、あるいはそれ以上戦っている。でも、全てが却下されるんだ」と彼はロイターに語った。

ベッドで眠る拘留者

Lucy Nicholson/Reuters


追加レポート:Daniel Wallis

(敬称略)

[原文:What life is like inside California’s largest immigration detention center

(翻訳:まいるす・ゑびす)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

Sponsored

From the Web

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい