シェアハウス夫婦が“ベルリンでフリーランス”を決断するまで

交差点でほほ笑み合う、所さん夫妻

2人が出会ったのはシェアハウス、仕事はウェブ系フリーランスだ

撮影:今村拓馬

5月のゴールデンウィーク明けのとある平日、東京・渋谷のカフェで、エンジニアの所親宏(ところ・ちかひろ)さん(30)と、ウェブデザイナーで妻の聡子さん(28)は、この日受け取ったばかりのワーキングホリデービザに見入っていた。ふたりは今月末にドイツのベルリンへ旅立つ。手にしているのは、新たに始まる海の向こうでの日々への「パスポート」だ。

インドのシリコンバレー

親宏さんは会社勤めを経て、2013年からフリーランスのウェブエンジニアをしている。大学時代からインターンとしてITベンチャーで働き、当初は広告営業を担当した。

そのうち、自社製品を売るよりも作りたくなった。「とにかくやらせてほしい」。イチからプログラミング言語を勉強し、インターン2社目からはウェブエンジニアに転身。新卒で入った会社も成長中のIT企業で、プログラミングの世界の深さに、のめり込んだ。

エンジニア魂を揺さぶられたのが、大学時代からバックパッカーとして旅したインドだ。3年前に4カ月滞在した時には、現地のITベンチャーの集まりや勉強会をリサーチ。こまめに顔を出し、創業者たちを1人ひとり訪ね、話を聞いた。

「インドのシリコンバレーと言われるバンガロールには、アメリカのマイクロソフトやアマゾン、ゴールドマン・サックスといった名だたる企業で働いていたエンジニアがごろごろいた。日本では考えられない環境で、人材の層の厚さに魅了されました」

転職を経て2社を経験したが、心身の体調を崩したのをきっかけに、フリーランスで働くことを選んだ。

「調子が悪くなれば、自分で仕事を調整できる。生活さえなんとかなるなら、休めばいい。フリーランスは自分には合っているのかな、と思います」

出会いはシェアハウス

親宏さんが聡子さんと出会ったのは、渋谷区内のシェアハウスだ。10代から40代まで、国籍もさまざまの人が暮らす環境の住人同士だった。3年の交際期間を経て入籍し、2015年の秋に結婚式を挙げた。そのまま2人で同じシェアハウスの広い部屋に引っ越した。

結婚を機に、聡子さんの働き方も大きく変わった。大学卒業後、聡子さんは都内のメーカーで生産管理の担当をしていたが、親宏さんの勧めもあって、ウェブデザインの勉強を始めた。週5日の学校に3カ月間、みっちり通って基礎スキルを身につけた。

「海外でも通用するグローバルスキルで、かつ将来的に在宅での仕事も可能。エンジニアという主人の仕事と親和性が高いことも理由のひとつです」

もともとアートやデザインは好きな分野で、将来的にはアジアで働くことも計画していた。こうして聡子さんも、業務委託で仕事を受けるフリーランサーになった。

カフェでインタビューに答える所さん夫妻

「食えなくなることが一番のリスクだ」(東京・渋谷のBOOK LAB TOKYO)

撮影:今村拓馬

「解決策が会社員」には疑問

もともと海外で働きたい、という点で一致していた夫妻の背中を押したのは、親宏さんの職場の同僚だったプログラマーの存在だ。元同僚は英語を身につけたいと、ワーキングホリデービザを経てドイツで就職した。「ベルリンはスタートアップシーンがアツい」と話す様子に、刺激された。

「あれ、考えたら自分も行けるんじゃないか」。夫婦ともに住居も仕事も国内である必然性はない。ワーキングホリデービザの取得可能な最後の年である30歳が目前に迫っていた。「年齢も大きなきっかけでした」(親宏さん)。

プログラミング言語は世界共通だが、エンジニアとして仕事を広げていくにあたり、親宏さんも英語の必然性は痛感していた。日本にワーキングホリデービザを発行している国から①英語で仕事ができる②IT先進国、を条件に絞り込んだのがベルリンだ。

アパートメントを借り、仕事はこれから現地で見つける。

「ネットで現地エンジニアのコミュニティを探り、イベントや集まりにどんどん顔を出して仕事につなげるつもりです」。

聡子さんも現地でデザインの勉強をしながら、仕事を請け負える。ここまでの1年は仕事を詰めて、ある程度のまとまった資金をつくった。月末に日本を発ち、インド経由で今夏にはベルリンでの生活を始める。

その先どこで暮らすかは「まだ決めていない」。ドイツに残るかもしれないし、インドかもしれないし、帰国するかもしれない。

ただ、会社員に戻るメリットはあまり見出せない。将来に対して不安を感じることもあるが、「食えなくなることが一番のリスクだと思っている。その解決策が会社員、というのは正直、疑問です」。

安定志向に揺り戻しも

ミレニアル世代(1980年以降生まれ)の働き方への意識は、職場の上司や親世代とは変わりつつある。

日本生産性本部が毎年実施する「新入社員『働くことの意識』調査」では、会社の選択理由について、かつては高かった「会社の将来性」を重視する傾向は1990年代から減少を続け「能力・個性が生かせる」「仕事が面白い」が上昇傾向を維持している。

新入社員に聞いた会社選択の理由の推移

会社選択の理由で「会社の将来性」の回答は減少傾向を続けている

出典:日本生産性本部、2016年度新入社員「働くことの意識調査」

こうした流れについて厚生労働省は、2000年代半ばの時点で「企業とは一定の距離をおく『就社』より『就職』という若年層の姿が浮かび上がってくる」と分析している。

同調査で「働く目的」は、2000年以降に急増した「楽しい生活をしたい」が41.7%と、2016年調査で過去最高を更新。「経済的に豊かな生活を送りたい」27%、「自分の能力を試す生き方をしたい」12.4%を、大きく引き離した。

30歳未満の離職率は高止まりを続け、雇用労働調査(厚労省)によると2013年時点で労働者全体の15.5%よりも25〜29歳でおおよそ4ポイント、20〜24歳で10ポイント、それぞれ上回っている。

こうしたデータからは、長時間労働や転勤命令と引き換えに、安定した会社で終身雇用や年功序列を期待するといった従来型の日本企業の働き方は薄れてみえる。

ただ一方で前出の「働く目的」で、中長期的には減少傾向を保つ「経済的に豊かになる」がこの4年で上昇したり、転職志向と「定年まで勤めたい」が拮抗したり(三菱 UFJ リサーチ&コンサルティング「2017年度新入社員意識調査」)と、安定志向への揺り戻しの動きもある。

日本生産性本部の下村暢生産性労働情報センター編集長は、ここ数年の揺り戻しについて「日本的雇用はダメで欧米型がいいと誰もがいうのでなく、(どちらもありの)多様な働き方を求めても浮かない社会になったのでは」と、みる。

食べられないリスクの回避法

親宏さんと聡子さんは、ドイツでのワーキングホリデービザが切れる1年後、ひとつだけ決めていることがある。

まずはそのまま、できるだけ多くの国を夫婦で旅することだ。「すべての大陸を訪ねたいです」(聡子さん)。

愛用のMacbookを持ち歩き、「お金がなくなったら、旅先でも働くと思います」と、親宏さんはいう。それもまたスキルになる。

めまぐるしいスピードでニーズも技術も変化するウェブの世界だからこそ、普遍的でベーシックな技術を磨いていくこと。一つひとつの仕事を大切にすること。親宏さんの「食べられなくなるリスク」を回避する手段は、シンプルだ。

近年、東京電力や日本航空、シャープ、東芝といった、かつて盤石とされた大企業の経営基盤が揺らぐ様子に、日本経済の不透明感、その先に続く未来への不安はいや増している。世界に飛び出し腕を磨くことも、より安定した環境を志向することも、道筋は違えど、100年時代を生きるミレニアル世代の、不安の時代と向き合う姿に他ならない。


終身雇用、年功序列、長時間労働……日本の大企業を中心に長く続いてきた雇用システムが低成長とグローバル化、テクノロジーの進化により崩壊しつつある。BUSINESS INSIDER JAPANでは、〔働き方シフト〕とし、働き方自由化の最前線で何が起きているのかを定期的に報告する。今回はミレニアル世代の〔キャリア編〕。

関連記事

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

Recommended

Sponsored

From the Web