ジョニー・デップ、華麗なる月2億円の生活費の内訳

ビンテージ・ギターを演奏するジョニー・デップ

ジョニー・デップは70本のビンテージ・ギターをコレクションしている。彼の元ビジネスマネジャーがそう明かした。

Getty / Adam Bettcher

ジョニー・デップの元ビジネスマネジャーによると、デップの生活費は月200万ドル(約2億2300万円)。14軒の邸宅と70本のギターを所有し、とんでもない量のワインを飲むという派手な生活を送っているという。

このことが知られるようになったのは、2016年12月、ジョニー・デップが、契約していたマネジメント会社The Management Group(TMG)のマネジャーたちに対し、2500万ドル(約27億8000万円)の賠償金を請求する訴えを起こした後のことだ。

デップによると、TMGは彼の代理人として適切に納税することを怠ったほか、彼の承認を得ずにローンを組んだり、「セキュリティーなどのサービス」に過分な支払いを行い、彼に「数千万ドル」の損害を与え、資金難に陥らせた。デップは昨年3月にそのことに気づいたという。

訴訟により、「法外かつ極端」とされるデップの浪費癖が詳細に判明した。この記事では、『パイレーツ・オブ・カリビアン』のスターが稼いだお金をどんなふうに使っているか、ざっと紹介していく。数字はTMG側の訴えに基づく(全文はこちらから閲覧できる)。

今月、ハリウッド・リポーターは、他にもディップの浪費癖について詳しく報じた。その記事では、今年7月に日本公開予定の『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』の撮影現場で、ディップが泥酔や遅刻により大勢のエキストラを何時間も待たせるなどの問題を起こしていたことが暴露された。

以下で、元マネジャーや報道によって明らかになったジョニー・デップの月200万ドル生活を見ていこう。

TMGによると、デップは世界各地にある「14軒の邸宅の購入、修繕、改装」のために、7500万ドル(約83億6000万円)を費やしてきた。

ジョニー・デップの豪邸

YouTube

この中には、南仏にある45エーカー(約18万平方メートル)の豪邸(評価額約1350万ドル)、バハマの島々、ハリウッドにある邸宅数軒、ロサンゼルス繁華街にあるペントハウスなどが含まれる。さらにケンタッキー州に馬の牧場を所有している。もちろん、どの家にもスタッフが常駐している。

また、「数百万ドル」を45台の高級車に注ぎ込んだ。

車

1959年製シボレー・コルベットも、その一つ。

全長150フィート(約45.7メートル)の豪華ヨットを、1800万ドル(約20億円)で購入。

ジョニー・デップのクルーザー

Curtis Stokes & Associates

ただし、2016年に『ハリー・ポッター』シリーズの著者J・K・ローリングによって買い取られたという報道もある。

2007年から2008年にかけて、ロサンゼルスのイースタン・コロンビア・ビルディングの5つのペントハウスを購入。

ロサンゼルスのイースタン・コロンビア・ビルディング

JAMES LANG/BERLYN

デップはこれまでに5つのうち2つを売却した。ペントハウスには合計1278万ドル(約14億2200万円)の価格がつけられた。ペントハウスの度肝を抜くインテリアについては、こちら

出典:ハリウッド・リポーター

TMGによると、デップはプライベートジェット以外は乗らないという。自家用機はガルフストリームGV、維持費は毎月20万ドル(約2200万円)。

プライベートジェット

Benjamin Zhang/Business Insider


70本超のギターをコレクション。

ギター

Getty / Adam Bettcher


自分で飲むワインを世界各地から取り寄せるのに、月3万ドル(約330万円)をかけている。

ワイン

REUTERS/Stefano Rellandini


「世界的に有名な高級ブランドのジュエリーを多数」所有し、人前でよく身に着けている。

ジュエリー

Carlos Alvarez / Getty


とあるジュエリーショップに立ち寄ったデップ。出てきたときには、40万ドル(約4450万円)のダイヤのブレスレットを身に着けていたという。

ジョニー・デップ

Christian Marquardt/Getty Images

ジョニー・デップが前妻アンバー・ハードと別れる前のこと。あるとき「彼は(高級ジュエリー)店にふらりと入り、数時間を過ごした」と関係者は語った。「店員がたくさんの商品を彼に見せて、シャンパンをサービスした。デップは40万ドル(約4450万円)のダイヤのブレスレットを買って店を出た。いかにも彼らしい。なぜなら、そのブレスレットには40万ドルの価値なんてなかったから」

出典:ハリウッド・リポーター

TMGによると、デップは、マリリン・モンローやマーロン・ブランドのような人々にゆかりがある「ハリウッド関連のコレクターズアイテムに何百万ドルも」かけていた。それらを保管するために12の倉庫が必要になった。

コレクターズアイテム

Dan Callister / Getty

このマリリン・モンローのドレスは1999年にクリスティーズのオークションに出品された物で、デップが所有しているお宝の一つ。

アートコレクションの購入と維持に「何百万ドルも」かけている。アンディ・ウォーホルやジャン=ミシェル・バスキアなど、有名アーティストの作品200点超を所有。

アート

上のバスキアの自画像は、デップのアートコレクションの一例にすぎない。これは2016年にクリスティーズのオークションに出品された物で、470万ドル(約5億2300万円)超。

世界中にフルタイムのスタッフ40名を月30万ドル(約3300万円)で雇っている。この中には、365日24時間体制でデップとその家族を守るボディガードも含まれる。

デップとボディガード

Fred Prouser / Reuters


TMGによると、デップは長年にわたり、「友人、家族、一部のスタッフ」のために1000万ドル(約11億円)を払っている。

デップ

Frank Micelotta / Getty

この中には姉妹や亡くなった母親の生活費が含まれる。母親のためにハリウッドの邸宅を数百万ドルで購入し、母親が病気のときには毎月3万5000ドル(約390万円)の入院費を支払った。

さらにデップは、幼なじみが起業した音楽レーベルに出資した。最終的に資金提供をやめるまで、見返りなしに400万ドル(約4億4500万円)超を注ぎ込んだ。

たぶんデップの最も風変わりな出費は、友人の作家ハンター・S・トンプソンの願いをかなえるために500万ドル(約5億5700万円)を支払ったことだ。トンプソンの願いとは、彼が2005年に死んだ後、コロラド州アスペンの上空に遺灰を「特製の大砲でまき散らす」というものだった。

デップ

KATHY WILLENS AP/Press Association Images

出典:オブザーバー

まだある。デップのVISAカードの未払い残高は、5万5000ドル(約613万円)。

VISA

Flickr/frankieleon


敬称略

写真: Getty / Adam Bettcher

[原文:Inside Johnny Depp's 'extravagant and extreme' lifestyle that costs him $2 million a month

(翻訳:十河亜矢子)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい