キャビンアテンダントおすすめのトラベルハック10選

歩くCA

旅のヒントや小技について尋ねるなら、物知りな人よりもCAのほうが頼りになりそうだ

Flickr/MIKI Yoshihito

月80時間以上を機内で過ごすこともあるキャビンアテンダント(CA)にとって、旅はもう日常だ。

だとすると、旅のヒントや秘訣は、物知り顔な人よりもCAに聞いた方が頼りになりそうだ。

Business Insiderは、CAに最高のトラベルハックを取材し、さらにインターネットで詳しく調べた。

以下の10項目で、旅がもっと快適で楽しいものになるかもしれない。

CAからもっと細やかなサービスを受けるには

客の様子を笑顔で見守りながら通路を歩くCA

Flickr/Chris Goldberg

「多くのお客様は、到着時に先に降りたり、お好みの機内食を確保するために、前方の席を選ぶ傾向があります。ですが、実は後方のお客様の方がより細やかなサービスを受けることができるかもしれません。

理由は簡単です。CAは、前方のお客様からのお呼び出しにすぐにはお応えしづらいのです。前方のお客様のリクエストにお応えすると、その方がお求めになったものは、通路沿いのすべてのお客様が目にすることになります。こうなると、お酒や枕、耳栓、歯ブラシが足りなくなったり、短時間のフライトの場合はサービスを予定通りに進められなくなるなど、問題が生じることがあります。

後方にお座りのお客様には、2本目のワインのミニボトルを渡しやすいのです」

出典:Oyster

すばやくアイロンがけをするには

ヘアアイロンで服のシワを伸ばしている様子

Tips For Life/YouTube

「急いでいてアイロン台を広げる時間もない時は、ストレートタイプのヘアアイロンを使います」

―― 乗務歴30年のCA

いつも清潔なシーツで眠るには

清潔なシーツがかかったツインベッド

futuristman/flickr

「ホテルのシーツに折り目がついていない場合は、そこで寝ないようにしましょう。誰かが使った後、シーツが取り替えられていないかもしれません」

―― 乗務歴19年のCA

ホテルの部屋を暗くしておくには

カーテンを閉じた室内

Nate Grigg/flickr

「パンツハンガーのクリップを使って、カーテンをぴったり閉じると、光が入りません」

―― 乗務歴15年のCA


耳にダメージを与えないようにするには

鼻をかむ男性

William Brawley/Flickr

「ひどい風邪をひいている時は飛行機に乗らない方が良いです。鼓膜がダメージを受ける可能性があり、ひどい時には聴覚を失う恐れもあります。私も一度経験しました。耳が1週間ほどよく聞こえなくなって、とても痛かったです」

出典:Quora

時差ぼけに負けずに眠るには

眠る準備をしている人

Flickr/m01229

「よく眠れるよう、いつも寝る前に心がけていることを行います。寝る1時間前は電子機器を使わない。お茶を飲んだり、少し本を読む。いつもはそれでよく眠れます。でも1時間経っても眠れない時は、起きあがって何か他のことをしてから、また同じことを試してみます」

提供:Quora

荷物を減らすには

洗剤パック

Austin Kirk/Flickr

「事前に宿泊先に洗濯乾燥機があるかどうかを問い合わせましょう。ある場合は、旅行用の洗剤と柔軟剤を持って行きます。滞在日数にもよりますが、これで2~4日分の洋服を減らすことができます」

―― 乗務歴1年のCA

スーツケースに空きスペースを作るには

スーツケースに丸めて収められている衣類

Shutterstock

「私のおすすめトラベルハックは、服を丸めておくことです。数日から数週間ほど家に帰れない時は、服を折りたたむのではなく丸めてしまうことで、スペースを作っています」

―― 乗務歴1年のCA

無料の朝食を食べ損ねないようにするには

無料の朝食を食べ損ねないようにするには

Getty Images/Matt Cardy

「無料の朝食が提供される時間に食堂に行けない時、例えば、その前に出発する場合や、起きられそうにない場合は、ホテルに問い合わせして、朝食時間の前後に軽食をもらえないか確認してみましょう。通常はカットされた果物やペットボトルの水、チーズくらいしか出ませんが、私のお腹を満たしてくれたことが何度かあります」

―― 乗務歴1年のCA

座席のアップグレードを低価格で利用するには

出発前のアナウンスを行っている空港職員

Joe Raedle / Getty Images

「一部の航空会社は、フライト当日に座席のアップグレードを低価格で提供しています。なので、早めに搭乗エリアに行きましょう。出発直前のアップグレードについてのアナウンスがあるかもしれません。ときどきチャンスがあります」

―― 乗務歴3年のCA

写真:Flickr/MIKI YoshihitoFlickr/Chris GoldbergTips For Life/YouTubefuturistman/flickrNate Grigg/flickrWilliam Brawley/FlickrFlickr/wwhyteFlickr/m01229Austin Kirk/FlickrUS Customs and Border Protection/flickr

[原文:Flight attendants share 13 of their favorite travel hacks

(翻訳:Eiko Ofuji Mizuta)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

あわせて読みたい

Popular

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み