グーグルが18日に新しいVRヘッドセットを発表か 「Google I/O 2017」にて

GoogleのDaydream View

2016年10月に発表したAndroidスマートフォンと組み合わせて使うVRヘッドセットアダプター。対応アプリも増えつつある。

撮影:Ramin Talaie/Getty Images

グーグルは、5月17日(日本時間18日未明)から始まる年に一度の開発者会議「Google I/O 2017」で、新しいVRヘッドセットを発表すると見られている。アメリカのデジタルニュースメディアVarietyが報じた

同社が発売中のVRヘッドセット「Daydream View 」は使用する際にスマートフォンが必要だが、新製品はFacebookの「Oculus Rift」やHTCの「Vive」と同様にスタンドアロンデバイスだと予想されている。

また、新しいヘッドセットには「インサイドアウト・トラッキング」というトラッキング技術が採用されているようだ。この技術のおかげで、ユーザーは、自分の動きを追跡するセンサーを部屋じゅうに設置する必要がなくなる(編集部注:ひょっとすると、レノボ「PHAB2 Pro」などに搭載されているような、空間認識技術のTangoテクノロジーの応用かもしれない)。

マイクロソフトはこれまで、同社の「HoloLens」や他社製のWindows対応VRヘッドセットが採用している「インサイドアウト・トラッキング」を、競合製品との差別化ポイントとして強調してきていた。Oculusも同技術を採用したヘッドセットを開発中だ。

[原文:Google is going to announce a new VR headset at its big event

(翻訳:原口 昇平)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

Sponsored

From the Web

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい