アップルが6月のWWDC2017で高速な新MacBookを発表か

アップルCEO、ティム・クック氏

新しいCPUを搭載した新モデルは、バッテリー寿命と引き換えになるかもしれないものの、より魅力的な製品になるだろう。

Getty

アップルは、6月5日(現地時間)に始まる世界開発者会議「World Wide Developers Conferences(WWDC2017)」で新しいMacBookを発表する予定とブルームバーグが5月16日(現地時間)に伝えた。報道によると、アップルは12インチMacBookの新モデルを発表すると見られる。

アップルのMacBookについては、現行のCPUがパフォーマンスよりも、バッテリー寿命を重視していることがしばしばユーザーの不満の1つとしてあげられていた。新しいCPUを搭載した新モデルは、バッテリー寿命と引き換えになるかもしれないものの、より魅力的な製品になるだろう。

同様に新しいCPUを搭載したMacBook Proの新モデルも発表される見通しだ。さらにMacBook Airにも、新CPUを搭載した新モデルが登場するかもしれない。

近年、アップルはWWDCの基調講演でハードウェアの新製品を発表していないが、今年は新製品の発表準備が進められているようだ(注:WWDCの壇上で新しいハードウェア製品を発表したのは今から4年前、WWDC2013の「MacBook Air」と"円筒形型"「Mac Pro」の同時発表が最後だ)。これまで伝えられてきた噂では、その新製品は音声AIを搭載したスマートスピーカーか新しいiPad Proではないかと言われていた。

昨年秋、アップルはタッチバーを備えたMacBook Proを発表。同社は売れ行きは堅調だとしているが、さらに高速な、プロ向けのハイエンドモデルを待ち望んでいるユーザーは少なくない。

ブルームバーグの記事はこちら(英文)。

[原文:Get ready for new Apple laptops next month (AAPL)

(翻訳:Keitaro Imoto)

関連記事

Recommended

Sponsored

From the Web