日本より「完璧な」カプセルホテルがイタリアに登場

591b31e9144293f8008b5cd0-1

BenBo

日本で普及したカプセルホテル。余分な物が一切ないマイクロスペースの寝床が特徴だが、イタリアのナポリ・カポディキーノ国際空港で、より「完璧な」カプセルホテルがオープンした。

建築・インテリア関連のウェブマガジンThe Contemporistによると、イタリア初のカプセルホテル「BenBo」は42の客室を持ち、それぞれのスペースには防音壁、窓、折りたたみテーブル、テレビ、靴置き場が備わっている。

BenBo」の内部を写真で紹介していこう。

ファッションで名高い都市を有するだけあり、カプセルホテルもシックな雰囲気。

ホテルのパブリックスペース

BenBo


ナポリ空港で飛行機に乗り遅れたり、長い待ち時間があっても大丈夫。現地でカプセルホテルを予約できる。

受付

BenBo


1〜9時間滞在でき、利用料金は1時間につき11ドル(約1200円)。

カプセルルーム

BenBo

航空会社のプライベートラウンジの年間パスに手が届かない人にとって、時間制の料金システムは経済的だ。アメリカの消費者情報誌Consumer Reportsによると、こうした年間パスは500ドル(約5万6000円)かかることがある。なかには50ドル(約5600円)のお得な1日パスを提供しているラウンジもあるが。

通路を挟んで42室が並ぶ。少し刑務所の独房を連想させるが、ホワイト、オレンジ、ライトグリーンの色使いのおかげで明るい雰囲気になっている。

カプセルルームの内観

BenBo


空港のトイレで長蛇の列に並ぶ必要はない。16室の共用バスルームを利用できるから。

バスルーム

BenBo


共用バスルームにはトイレ、洗面台、シャワーが備え付けられている。もちろん清潔なタオルも。おかげでリフレッシュできる。

バスルームを近くから撮影

BenBo


ミニラウンジコーナーでは、ノートパソコンを使ったり、読書や飲食ができる。大きな窓と室内の植物の緑が、狭い空間にさわやかさをもたらしている。

ミニラウンジ

BenBo


さあ、部屋をのぞいてみよう。

カプセルルームの前

BenBo


カードキーで部屋の鍵を開けると、ドアが自動で開く。荷物で両手がふさがっているときにはありがたい。

部屋の前

BenBo


室内は真っ白。日本のミニマルな美意識を取り入れている。

白い室内

BenBo


ベッドに座って壁からテーブルを引き下ろすと、仕事もできる。

室内の様子

BenBo


寝転がってテレビも見られる。無料WiFiが使え、部屋に備え付けられているタッチスクリーン付きタブレットを使って、フライト情報の確認やアラームのセットもできる。

室内の様子

BenBo


収納はない(靴置き場があるだけ)。だが、日本の一般的なカプセルホテルに比べると、だいぶスペースがある。

591b31ea144293cb058b51cf-1

BenBo


24時間営業、年中無休。高級ホテルではないが、空港の椅子で丸くなって寝るよりもかなり快適。

受付の写真

BenBo


[原文:Italy's ultra-cheap airport 'capsule hotel' lets you sleep in a pod while you wait for your plane

(翻訳:十河亜矢子)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

Sponsored

From the Web

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい