トランプ氏の大統領就任式出演を断った9人の大物アーティストたち

58793172f10a9a24008b857e

Getty

アメリカの大統領就任式は音楽業界にとって、一大イベントだ。これまでバーバラ・ストライサンド、リッキー・マーティン、ビヨンセ、ケリー・クラークソンなどが登場している。

しかし、ドナルド・トランプ次期米大統領の就任式運営委員会は、次期大統領としての晴れの日に大物を集められないでいる。

エルトン・ジョンやキッス、ガース・ブルックスらが、就任式への出演依頼を断ったと報じられている。

現在では、一度、出演を伝えられた3ドアーズ・ダウンやトビー・キースが、出演を断ったとして話題になった。

大統領就任式への出演を断った有名アーティストは以下の通り。


エルトン・ジョン

elton-john

Mike Segar/Reuters

政権移行チームのメンバーが、エルトン・ジョンは次期大統領のお気に入りで、就任式に出演すると述べた。しかし、エルトン・ジョン側は当日参加の予定はまったくないと明言した。

(Source)


セリーヌ・ディオン

celine-dion

Gareth Cattermole/Getty Images

ラスベガスのホテルオーナーであるスティーブ・ウィン(Steve Wynn)氏が、カナダ生まれのスーパースターに働きかけたが、断られたという。

しかし、ウィン氏のスポークスマンは「就任式への出演を特定のアーティストに依頼したことはない」と声明を出した。


ガース・ブルックス

garth-brooks

Theo Wargo/ Getty Images

セリーヌ・ディオンと同様に、ウィン氏が就任式への参加を持ちかけたが、カントリーミュージックのスターは拒否したと報じられている。


キッス

kiss

Kevin Winter/Getty

キッスのボーカリストであるジーン・シモンズの妻シャノン・ツィードによると、出演オファーがあったが、バンドは「丁重に断った」。どちらにせよその時期は、ヨーロッパツアーをしているとシモンズは付け加えた。


モービー

moby

Frazer Harrison / Getty Images

人気のエレクトロニック・ミュージシャンはInstagramに「今、エージェントから就任式パーティーでDJをしないかと聞かれた。ハハハハ、待ってくれ。ハハハハ、マジで?」と投稿した。


アンドレア・ボチェッリ

andrea-bocelli

Getty Images / Jason Kempin

次期米大統領は、この世界的なイタリア人テノール歌手のファンだ。だが、ボチェッリは「反発の大きさ」のために依頼を断った。しかし、就任式運営委員会長は、断ったのはトランプ氏自身だと述べた。


デイヴィッド・フォスター

david-foster

Getty

スティービー・ワンダーやバーバラ・ストライサンドなど、多数のスーパースターをプロデュースしているグラミー受賞プロデューサー、デイヴィッド・フォスターは、声明の中で就任イベントには関わらないと述べた。


レベッカ・ファーガソン

rebecca-ferguson

Getty

人気オーディション番組で準優勝した英国人シンガー、ファーガソンは、出演依頼が来た際、アメリカの人種差別を表現する内容であるビリー・ホリディの「奇妙な果実」を歌うことを条件に出演を受諾した。だが、のちに声明を出して、出演しないことを明らかにした。理由は「オファーにはかなりグレーなところがあった」からだとしている。


シャルロット・チャーチ

charlotte-church

Getty

トランプ氏がスタッフに「チャーチに歌ってもらうよう」指示したことについて、ウェールズ出身の歌手は「ちょっとネットでサーチしただけで、あなたが暴君だとわかる。さよなら」とツイートした。

[原文:9 artists who reportedly turned down performing at Trump's inauguration

(翻訳:十河亜矢子)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい