メルセデスが家庭用バッテリーに参入「品質勝負になればテスラより上」

メルセデスが発売する家庭用バッテリー

メルセデスが発売する家庭用バッテリー

Mercedes-Benz

メルセデス・ベンツはテスラのソーラーエネルギー普及戦略と、バッテリー事業に対して、真っ向勝負を挑むつもりだ。

メルセデス・ベンツは19 日(現地時間)、Vivint Solarと提携し、一般家庭向けスマート・ソーラー・エコシステムをカリフォルニア州で発売すると発表した。これはテスラが先日発表したソーラールーフに対する明確な挑戦と言っていい。

提携によって、メルセデスは家庭用バッテリーをアメリカ市場向けに初めて発売、Vivintはソーラーパネルの設置を提供する。

Vivint Solarは1 月のコンシューマー・エレクトロニクス・ショーで、Vivint Smart Homeとのパートナー提携を発表した。Vivint Solarはセンサーや人工知能(AI)を活用し、エネルギーの負荷を自動管理できるようになった。

テスラのCEOイーロン・マスク氏は、バッテリーとソーラーパネルの設置を1つのプロセスに収め、ソーラー業界を進化させた。メルセデスもこの動きに続いた。

ソーラーパネルで生まれた電気を貯蔵し、電気使用量のピーク時に使用するためには、再充電可能なバッテリーが必要だ。だが、テスラがSolarCityを昨年11月に買収するまでは、バッテリーとソーラーパネルの設置は別のプロセスで行われていた。Vivint SolarのCEOデイビッド・バイウォーター( David Bywater )氏はBusiness Insiderに「顧客のニーズが高まり、進化がもたらされた」と語った。

打倒テスラを掲げるメルセデスの自信

ソーラーシステムを導入した家のイメージ

メルセデスは家庭用バッテリーと電気自動車を統合するビジョンを描いている。

Mercedes-Benz

メルセデスは2016年4月、スタンド式のバッテリーを発売、その後イギリスや南アフリカなどでも展開している。

メルセデスの子会社Deutsche ACCUmotiveが製造するデバイスは2.5 キロワット時の電力を蓄電することができ、複数を組み合わせることで最大20キロワット時の蓄電が可能だ。設置費用を含む総額は20キロワット時システムの場合、5000ドル(約55万円)から1万3000ドル(約145万円)となっている。

価格だけならテスラと大差ないように見える。

テスラのPowerwall 2(パワーウォール2)は14キロワット時の電力が蓄電可能で、設置費用込みの価格は1万1450ドル(約130万円)ほどだ。しかし、メルセデスの数台分のバッテリーを、パワーウォールは1台でまかなうことができる。スペースを重視するなら、壁に取り付けられるパワーウォール2の方が優れているのだ。

アメリカ合衆国エネルギー省によると、2015年、家庭の平均月間電力消費量は901キロワット時だった。

だが、メルセデスのエネルギー部門のCEOであるボリス・フォン・ボーマン(Boris von Bormann)氏は強気だ。同氏は、市場には複数のプレーヤーが共存する余裕があり、かつ、品質勝負になればメルセデスが優位に立つと自信を示す。

「メルセデスはスタートアップでもなければ、株価の値動きに支えられている企業でもない。成熟した企業である分、ユーザーからの信頼も高く、必要な時にサポートを受けられる高品質のブランドだと評価されるだろう」

テスラのパワーウォール2

テスラのパワーウォール2

Tesla

テスラは乗用車の売り上げ規模が比較にならないほど小さいにもかかわらず、株価はフォードやゼネラルモーターズと同水準に上昇している。

また、テスラは商品の外観の魅力を高めることで、ソーラー蓄電池のさらなる普及を目指している。

テスラもメルセデスも、家庭用バッテリーを電気自動車事業の延長線上に位置付けている。

マスク氏はソーラールーフを発表する際、パワーウォールでソーラーエネルギーを貯蔵し、同時にテスラの電気自動車の充電にも対応するという、テスラの製品が全面的に統合されたビジョンを明確に示した。

メルセデスのフォン・ボーマン氏も、「我々は家庭用バッテリーを、エネルギーを貯蓄するためのストレージとしてだけでなく、電気自動車とリンクさせて考えている。ダイムラーをEV化していくことも念頭にある」と述べた。

メルセデスはVivintと組んで、カリフォルニア州でバッテリーの販売を開始する。消費者に受け入れられれば他の州でも展開するだろう。また、中国やオーストラリアなどへの進出にも意欲を示した。 [原文:Mercedes just made a huge play that could threaten Tesla's home-battery business]

(翻訳:まいるす・ゑびす)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい