北朝鮮が弾道ミサイルを発射、安倍首相「アメリカとともに具体的な行動を取って行く」

金正恩

Reuters

日韓両政府は今朝、北朝鮮が弾道ミサイル1発を同国東岸から発射したと発表した。ミサイルは約450キロ飛び、日本の排他的経済水域(EEZ)内の日本海に落下したとみられる。北朝鮮問題を議論した先進7カ国(G7)首脳会議(サミット)が終了したばかりのタイミングだった。

弾道ミサイルは午前5時40分ごろ、北朝鮮東岸の元山付近から発射された。韓国軍は短距離の「スカッド」の可能性があると推定している。米軍によると、ミサイルは約6分飛行。日本政府は、自国のEEZ内に落下したとみている。

安倍晋三首相は官邸で記者団に対し、「国際社会の度重なる警告を無視して挑発を続けていることは断じて許すことはできない。先のG7で合意した通り、北朝鮮の問題は国際社会の最優先事項」と発言。その上で、「北朝鮮を抑止するため、アメリカとともに具体的な行動を取って行く」と語った。日本政府は北朝鮮に厳重に抗議した。

ここ最近の北朝鮮は、1週間に1度のペースで弾道ミサイルを発射。14日の中距離弾は初めて高度2000キロ超に到達、21日には固体燃料を使った別の中距離弾を移動式発射台から発射した。

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい