今秋リリース予定「iOS 11」の新機能 —— WWDC 2017

iPadとiPhone

iOS 11は今秋リリース予定

Apple

iPhone/iPad向けの次期OS「iOS 11」が、6月5日(現地時間)、アップルの年次開発者会議「WWDC 2017」で発表された。

iOS 11には、AR(拡張現実)への対応など多くの重要な変更点がある。iMessageを使った個人間送金などの新機能によって、iPhoneやiPadはこれまで以上に便利になるだろう。

この秋にリリース予定のiOS 11から、注目の新機能を紹介しよう。


新しいiPhoneやiPadの設定は、Macなどあなたが持っている既存のアップル製品に近づけるだけ。設定がすぐに転送される。

iPhoneでホーム画面を開いている様子

Thomson Reuters


Apple Payと連動し、iMessageで友人に送金できる。つまり、iPhoneユーザー同士で使える送金アプリのような機能だ。

Apple PayとiMessageの連携機能に関するプレゼンテーションの様子

Justin Sullivan/Getty


コントロールセンター(画面を下から上にスワイプすると表示されるメニュー)がカスタマイズ可能に。例えば、低電力モードをオンにするショートカットを追加できる。

コントロールセンターに表示されるショートカットを設定中の画面

Screenshot


例えば、こんな風に。

コントロールセンターのカスタマイズ例

@bst3r / Twitter


設定では、ストレージのより詳しい情報が。

「設定」>「一般」>「iPhoneストレージ」

Screenshot


使っていないアプリを自動的に削除し、ストレージに空きを作る機能も。

「設定」>「iTunesとApp Stores」

Screenshot


片手入力キーボード機能をオンにするには、絵文字キーをタップ&ホールドし、片手入力を選択。キーボード全体が親指側に移動する。

片手入力キーボード

Apple


Siriが、文字入力にも対応。

Siriの設定画面と文字入力中の画面

@bst3r / Twitter


マップアプリは、ナビゲーション機能を強化。おすすめの車線まで教えてくれる。

マップに車のターン方向が表示されている画面

Apple


屋内案内図も表示可能。トイレを探して迷うこともなくなる。

空港内マップが表示されている画面

Apple


スクリーンレコーダーを搭載。動作の様子は下記の動画で確認できる。


SnapchatやWeChatのように、カメラでQRコードがスキャン可能に。


新たに追加されるドライブモードは、運転中に通知をミュートし、自動応答テキストメッセージをユーザーの代わりに送信。

ドライブモード中の画面

Apple


メモアプリにスキャナ機能を搭載。写真を編集・検索可能なPDFドキュメントに変換できる。

メモアプリのスキャナ機能を使用している画面

Apple


Apple Musicでは、プレイリストを友人と共有することも。

Apple Musicでプレイリストを共有しようとしている様子

Apple


新しいファイルアプリでは、クラウドやローカルに保存されているすべてのファイルを表示できる。iCloud Drive、Dropbox、その他のストレージサービスとも連動。つまりMacのFinderアプリのようなものを、iOS端末で使えるようになる。

iPad上で新しいファイルアプリを開いている画面

Apple


iPad上では、アプリ間でファイルをドラッグ&ドロップできる。

iPadのマルチタスク機能動作中の画面

Apple


iOS 11は今秋、リリース予定。

iPadとiPhone

Apple

source: Apple、@bst3r / Twitter

[原文:The 17 most useful new features coming to your iPhone and iPad this fall

(翻訳:原口 昇平)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい