ソウルにも空中公園が登場、ニューヨークの「ハイライン」を彷彿とさせる

ソウルロ7017

ソウルロ7017

_khelp/Instagram

ニューヨークにある空中公園「ハイライン」と並ぶ、巨大な空中遊歩道が韓国ソウル市内に誕生した。

使われなくなった高架道路は、ソウルロ7017(またはソウルストリート)プロジェクトによって、2万4000本の植物で埋め尽くされた緑豊かな遊歩道公園に生まれ変わった。

2015年、ソウル市は空中公園をデザインするコンペを開催し、オランダの建築会社MRVDV選ばれた

ソウル市による推定3300万ドル(約36億円)のプロジェクトは昨年工事が始まり、今年5月下旬にオープンした。

ソウルロ7017は、1000万人の人口を抱えるソウル市を歩行者に優しい街にする大規模な取り組みの一環として行われた。


ソウルにあるソウルロ7017は全長3000フィート(約900m)で、ソウル都心の高層ビルの合間を縫うように伸びている。

ソウル都心に伸びるソウルロ7017

ソウル都心に伸びるソウルロ7017

Ossip van Duivenbode


ソウルロ7017は1970年に建設された高速道路の上に造られた。その高速道路は2006年に構造上の欠陥が見つかり閉鎖された。取り壊しが予定されていたが、遊歩道として利用できるとソウル市は考えた。

ソウルロ7017全体像

MVRDV


利用者は複数の地点にある階段から地上55フィート(約17m)の遊歩道に上ることができる。

地上17mのソウルロ7017

Ossip van Duivenbode


カエデ、ツツジ、桜、常緑針葉樹といった地元の木、低木、花など254種類の植物を楽しめる。

アルファベット順に並んでいるので、それぞれの植物が何かすぐ分かるし、学ぶことができる。

このプロジェクトは「周辺地域を緑化させるような新たな取り組みを促し、植物を通して、近隣を物理的・視覚的に結びつけることができる」とMRVDVはプレスリリースでコメントした。

公園と人

Ossip van Duivenbode


植物アート、カフェなどもある。

ソウルロ7017にあるお茶屋

Ossip van Duivenbode

A post shared by jin hwan Kim (@cadeau1984) on

展示スペース、屋台、花屋なども。

ソウルロ7017上空写真

Ossip van Duivenbode


夜になるとライトが点灯し公園全体が輝く。

夜のソウルロ7017

Seoul Metropolitan Government


ソウルロ7017のおかげでソウルに緑が増えた。


ニューヨークのハドソン川沿いにある「High Line」。老朽化した鉄道高架を利用して作られた。

ニューヨークの「ハイライン」

Spencer Platt/Getty Images


[原文:Seoul turned an overpass into its own $33 million version of the 'High Line']

(翻訳:Satoru Sasozaki)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

Sponsored

From the Web

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい