米ミレニアル世代が社会に有益だろうと思うブランド9選

Alwaysの「#LikeAGirl」キャンペーン

女性用品ブランドAlwaysは、「女の子らしさ」というジェンダー・ステレオタイプを打ち破ることを目指して、「#LikeAGirl」というキャンペーンを実施した。

YouTube

多くの企業が、お金を稼ぐだけでなく、世界のためになることをもっとやりたいと言っている。例えば、社会、環境、経済全体の問題に取り組みたいと考えている。

ブランドコンサルタント会社Ensoによる報告書「World Value Index」は、どの企業が実際にそうしているとミレニアル世代に評価されているのか明らかにしている。Ensoは消費者3000人を対象に、グーグルやガールスカウト、世界自然保護基金(WWF)などアメリカ国内のトップブランド150についてアンケートを行った。回答者の一部はミレニアル世代だ(その層をEnsoは18~35歳と定義している)。

回答者は次の設問に基づいて、100点満点で企業を採点した。「お金を稼ぐことの他に、そのブランドの目標や使命についてどれくらい知っていますか」「そのブランドの目標または使命は、あなたが支持して気にかけていきたいものですか」「そのブランドの目的または使命は、ブランドの製品またはサービスにお金を払いたいと思わせるものですか」

アメリカのミレニアル世代から最も高いスコアを獲得した企業を、以下に紹介しよう。

9. Fitbit

Fitbitの時計を着けて歩く女性

Fitbit


8. Uber

iPhoneでUberのアプリを使用している様子

David Ramos/Stringer/Getty Images

ただしUberの最近のスキャンダルを考えると、同社に対する評価は、Ensoのアンケート調査が行われた2017年2月の時点とは変わっているだろう。

7. スターバックス

スターバックスのキャラメルフラペチーノが並ぶ様子

Facebook/Publix


6. Twitter

Twitterのラリー・バードと、ツイートしている人々のシルエット

Thomson Reuters


5. Etsy

Estyで販売するためのグッズを制作する若い男性

Etsy


4. Always

バリエーション豊富なAlwaysの生理用品

Always


3. Kickstarter(キックスターター)

Kickstarterのニューヨーク・シティ・オフィスの内部

Kickstarterのニューヨーク・シティ・オフィスの内部。

Hollis Johnson


2. Snap

Snapのメガネ型カメラ「Spectacles」

Snap


1. Spotify(スポティファイ)

Spotifyのロゴの前にぶら下がるイヤホン

Thomson Reuters


source: YouTube、Fitbit、David Ramos/Stringer/Getty Images、Facebook/Publix、Thomson Reuters、Etsy、Always、Hollis Johnson、Snap、Thomson Reuters

[原文:The 9 brands millennials think do the most good for the world

(翻訳:原口 昇平)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

あわせて読みたい

Popular

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み