アマゾン、ホールフーズ買収に伴い人員削減を計画か

ジェフ・ベゾス氏

アマゾンはホールフーズの買収後、人員削減に着手する計画だと伝えられた。

Steve Jurvetson / Wikimedia Commons

アマゾンはホールフーズの買収完了後、人員削減に着手する計画だという。6月18日(現地時間)、関係者の話としてブルームバーグが報じた

記事によると、アマゾンは、テクノロジーを活用してホールフーズのレジ係を削減することを検討している。

削減対象となる人数は不明だが、ホールフーズの従業員約9万人のうち、多くの店舗スタッフを含めた数千人が対象となる可能性がある。

また、アマゾンは低中所得層へのアピールを図る幅広い取り組みの一環として、ホールフーズの商品価格の引き下げも検討しているという。

ホールフーズのスタッフに対する悲観的な見通しを報じたのは、ブルームバーグだけではない。同日、Forbesのコラムニスト、パノス・モルドクートス(Panos Mourdoukoutas)氏は、「アマゾンのホールフーズ買収、レジ係と最低賃金15ドル運動に悲報」(日本語はこちら)と題して、その影響に触れた。

アマゾンがスーパーマーケットを進化させ、店舗スタッフをセンサーやスキャナー、ICタグで置き換えようとしていることは、すでに良く知られている。

同社の無人店舗「Amazon Go」は、多様なセンサーとスマホアプリを使って、顧客が購入した商品を把握。買い物客は店に入り、欲しいものを持って、そのまま店を出るだけでいい。アマゾンは今年初め、シアトル本社内に「Amazon Go」の第1号の実験店をオープンした。

ブルームバーグが伝えた関係者の話によると、アマゾンはこのテクノロジーをホールフーズに導入することを検討しているという。

一方、アマゾンの広報担当者は、ホールフーズの買収後、直ちに人員削減を行う計画はないと述べた。

「アマゾンは、Amazon Goのために開発したレジの自動化技術をホールフーズに適用したり、買収に伴う人員削減を計画していない」

[原文:Amazon is reportedly planning to cut jobs at Whole Foods

(翻訳:Tomoko A.)

関連記事

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

Recommended

Sponsored

From the Web