ジョブズが嫌ったあるMS社員 —— そしてiPhoneは生まれた

iPadを紹介するスティーブ・ジョブズ

iPadをプレゼンテーションするスティーブ・ジョブズ

Getty Images News

iPhoneは、ユニークな視点や繊細な感受性から生まれたに違いない。

そう思うなら、たぶん間違いだ。

アップルの前iOS担当上級副社長スコット・フォーストール(Scott Forstall)によると、iPhoneプロジェクトの発端は、ジョブズのマイクロソフト(MS)嫌いと、あるMS社員との不仲にあった。

「スティーブは、彼を嫌っていた」とフォーストールは20日夜(現地時間)、カリフォルニア州マウンテンビューのコンピュータ歴史博物館で行われた、初代iPhone発売10周年の記念イベントで語った。

「やつらはマヌケだ」

ジョブズが嫌っていたのは、時に友人であり、長年のライバルでもあったビル・ゲイツではない。そのMS社員は、ジョブズ夫人ローレン・パウエル・ジョブズの友人の夫だとフォーストールは述べた。2組は交流範囲が重なっていたため、パーティーやイベントでたびたび顔を合わせた。

「彼とどんな形であれ接触すると、ジョブズはひどく不機嫌になって帰ってきた」とフォーストール。

ある週末、決定的なことが起きた。彼が、MSのTablet PCは「コンピューティングの課題を解決した」とジョブズに言ったのだ。

現在のタブレットと同様にTablet PCは、Windowsで動作し、ノートPCより小型・軽量でタッチパネルを搭載していた。だがジョブズには気に入らない点があった。だから彼の言葉がジョブズを苛つかせたわけだが、Tablet PCはスタイラスペンでしか操作できなかったのだ。

ビル・ゲイツ氏とマイクロソフトのタブレット

ビル・ゲイツ氏とマイクロソフトのタブレット(2000年)

Reuters

週明け、出社したジョブズ氏は「汚い言葉」を連発していたとフォーストールは語った。ジョブズはマイクロソフトを打ち負かすために動き出した。タッチパネルを搭載したデバイスの開発に乗り出したのだ。スタイラスペンではなく指で操作できるデバイスだ。

「やつらはマヌケだ。スタイラスペンなんていらない。すぐなくなるし、直感的でない。指なら10本ある!」とジョブズは言ったという。

当初は、プロジェクトの焦点はタブレットに向けられていた。フォーストールは、そのプロジェクトのソフトウェアのリーダーに任命された。

コーヒーショップでの出来事

プロジェクトは進み、プロトタイプの開発は順調に進んだ。アップルが、プロジェクトの焦点をタブレットからスマートフォンへと移したのは2004年ごろ、ジョブズがフォーストールとコーヒーショップに行った後のことだ。

フォーストールによると、客の多くが携帯電話を使っていたが、皆、楽しそうではないことにジョブズは気づいた。ジョブズにとって、チャンスだった。ジョブズはフォーストールに、開発中のタッチデバイスを携帯サイズに縮められないかと言った。

こうして発足したのが、後のiPhoneにつながるプロジェクト「Purple」だ。フォーストールによると、サイズを小さくするのは非常に難しい仕事だった。だが完成してみると、ジョブズの指摘が正しかったことが分かったという。

スコット・フォーストール

アップルの前iOS担当上級副社長スコット・フォーストール

Justin Sullivan/Getty Images

「はっきりと確信した。電話はこうあるべきだ」

ちなみに、マイクロソフトのTablet PCは成功しなかった。2010年、アップルがiPadをリリースし、タブレットはマスマーケットに受け入れられた。

オエッ!

iPadを紹介する時に、ジョブズがスタイラスペンへの嫌悪感をストレートにこう表現したことは有名だ。

だが時代はめぐる。現在、マイクロソフトのSurfaceシリーズはペン入力に重点を置いている。そしてアップルも今では、iPad Pro向けのスタイラスペンApple Pencilを販売している。

(敬称略)

[原文:The iPhone originally happened because Steve Jobs hated a guy who worked at Microsoft

(翻訳:Ito Yasuko)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい